トピックスTOPICS

Creww Growthにて「未来の廃棄物処理施設」アクセラレータープログラムの募集を開始いたしました。

View More

リアルな実証を具現化する実プラント設備と、次世代高速無線通信を完備した「5G Innovation Plant」のHPを開設しました。

View More

JFEグループ各社のDX内容や成果を記載した「DX REPORT 2021」を公開しました。

View More

プレスリリースPRESS RELEASE

プレスリリース一覧

メッセージMESSAGE

DXなくして事業の存続なし

JFEエンジニアリングは、時代の変化に適応し
常に世界をリードするエンジニアリングカンパニーを目指しており 今後も競争力を維持・向上するためにはDXによる変革は不可欠です。

昨年制定されたJFEエンジニアリング第7次中期経営計画では
CO2削減とサーキュラーエコノミーの実現に向けた各事業分野での取り組みとともに、活動全体を支える技術基盤として「DX」を重点分野に掲げています。

当社では、データサイエンティストをはじめとする多くのデジタル人材が活躍しておりAIを活用したプラント操業支援や業務効率化などを推進してきました。

今後はDXに関係のない業務は存在しないと考えています。
すでに着手している業務効率化にとどまらず、さらなる人材育成と積極的な投資により
業務プロセスの抜本的な改革や商品・サービスへの新機能搭載等
あらゆる領域でDXを推進していきたいと考えています。

代表取締役社長大下 元

DX戦略DX STRATEGY

昨年制定されたJFEエンジニアリング第7次中期経営計画では、CO2削減とサーキュラーエコノミーの実現に向けた各事業分野での取り組みとともに、活動全体を支える技術基盤として「DX」を重点分野に掲げています。これまでも推進してきた「AI・IoT活用」に加え、今中期計画では仮想空間に現実世界を再現しプロセスやコストの可視化や操業最適化を目指す「デジタルツイン」、施設やインフラの最適運用サービスや、デジタル技術を活用した予防保全サービスなどの提供によるビジネス変革を目指す「デジタルサービス」のふたつの柱を加え、DXを推進していきます。

JFEエンジニアリング
のDX戦略

AI・IoT活用
・Pla’cello®を軸としたAI・IoT活用拡大
デジタルツイン
・仮想空間に現実世界を再現
・EPCの全工程でプロセス・コストの可視化
・操業最適化
デジタルサービス
・施設/インフラの最適運用サービス
・DX技術を活かした新サービス

ソリューションSOLUTION

DX事例CASE STUDY

prev next

環境プラントの無人運営に向けて

廃棄物処理プラントではごみの種類により燃焼状態が変化するため、安定運転には熟練オペレータの...

View More

橋梁配筋のAI自動検査

橋梁工事では、鉄筋が図面通りに配置されていることを確認する「配筋検査」で、多くの人員・労力を...

View More

バイオマス発電プラント異常予兆検知

バイオマス発電では、燃料品質に左右されず、高い発電出力、発電効率を安定的に達成することが求められます...

View More

ダム最適運用システム

当社および北陸電力株式会社は、さらなる水力発電電力量の増加を目指し、「ダム最適運用システム」の開発を...

View More

3D活用

建設現場においては、搬入された部材の管理、工事・進捗管理は重要な課題ですが、現場の作業員に都度データ....

View More