#プラント建設

#省力化・効率化

デジタルツインによるプラント操業最適化

当社は、プラントをより効率的に操業するためにデジタルツインの活用を進めています。メタン発酵プラントは、廃棄食品等を原料として、微生物による発酵でメタンガスを発生させ、ガスエンジンで発電する設備です。原料となる廃棄食品は多岐にわたることから、安定操業のためには発酵槽内の各原料や微生物の濃度等の状態把握が重要となります。そこで、化学反応を数式化した理論モデルと、過去の操業データをモデル化したAIを融合させる「データ同化」技術によりデジタルツインを構築し、プラント内部の詳細な再現とさまざまな操業条件のテストを可能としました。さらに、AIにより最適化した操業条件を現実にフィードバックすることで、安定かつ効率的な操業を実現しています。

その他事例

お問い合わせ

CONTACT US