1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 沿革

沿革

JFEエンジニアリングの歴史は、NKKと川崎製鉄によって培われた製鉄技術、造船技術を継承して幕を開けました。
100年の月日を経て融合したふたつの技術が資源を産み、都市を起し、環境を護る。まさに人々の「くらしの礎を創る」ちからとして、より豊かな生活基盤・産業基盤の構築を実現しています。

沿革 沿革

会社沿革

旧 日本鋼管 (NKK) 旧 川崎製鉄
1912年(明治45年) 日本鋼管(株) 設立
1916年(大正5年) (株)横浜造船所 設立
同年内に (株)浅野造船所 と改称
1936年(昭和11年) (株)浅野造船所 を 鶴見製鉄造船(株) と改称
1940年(昭和15年) 日本鋼管(株) と 鶴見製鉄造船(株) が合併
1944年(昭和19年) 清水造船所 発足 1950年(昭和25年) 川崎製鉄(株) 設立
1962年(昭和37年) 清水造船所に鉄構工場を新設
1969年(昭和44年) 津造船所 発足
1970年(昭和45年) 鉄鋼・重工・船舶 の3本部制が発足 1973年(昭和48年) エンジニアリングセンター 発足
1988年(昭和63年) 呼称を NKK に統一
1989年(平成元年) 旧重工本部・旧船舶本部を
総合エンジニアリング事業部 に再編
2001年(平成13年) 製鉄プラント部門を スチールプランテック(株) に再編
[ 日立造船(株)・住友重機械工業(株)と共同出資 ]
2002年(平成14年) 造船部門を ユニバーサル造船(株) に再編
[ 日立造船(株)と共同出資 ]
JFEエンジニアリング
2002年(平成14年) 日本鋼管(株)と川崎製鉄(株)の経営統合により JFEホールディングス(株) 設立
2003年(平成15年) JFEグループのエンジニアリング事業会社として JFEエンジニアリング(株) 発足
[ 日本鋼管(株)の法人格を継承 ]
2009年(平成21年) JFE工建(施工)・JFE環境ソリューション(環境プラント)・JFEエレテック(電気制御)・JFEソルデック(設計) の機能分担4社を
JFEエンジニアリング本体に統合
2013年(平成25年)
  • 電力事業子会社 アーバンエナジー(株) 設立
  • ミャンマー政府と共同出資の鋼構造物製造子会社 J&Mスチールソリューションズ 設立
2014年(平成26年)
  • 上水プラントの技術を持つ 磯村豊水機工(株) を統合
  • 大型廃棄物発電・バイオマス発電プラントの技術を持つドイツ企業 スタンダードケッセル・パワーシステムズ を子会社化
2018年(平成30年) JR東日本グループと共同出資の (株)Jバイオフードリサイクル による食品リサイクル事業開始
2019年
(平成31年・令和元年)
  • リサイクル事業子会社を東京電力グループと共同出資化し J&T環境(株) 発足
  • 人工知能(AI)技術を持つ AnyTech(株) を子会社化
2020年(令和2年) 三井E&Sグループより化学プラント部門を譲受し JFEプロジェクトワン(株) 発足
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 沿革