menu
ニュース

2019年

アーバンエナジーの「創電割®」に新メニュー
食品リサイクル量に応じて電力料金を割引 〜収集には民間事業者向け国内初、EVパッカー車を活用〜

2019年9月5日
JFEエンジニアリング株式会社
J&T環境株式会社
アーバンエナジー株式会社
株式会社Jバイオフードリサイクル

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)の100%子会社で電力小売を行うアーバンエナジー株式会社(社長:小賀坂善久、本社:横浜市鶴見区)は、同社が提供する電力料金割引サービスの「創電割®※1に、食品リサイクルに資する新たなメニューをラインナップしました。

 新たなメニューは、民間事業者が排出した食品廃棄物を、J&T環境※2が電池交換型EVパッカー車により収集・運搬し、収集した食品廃棄物をJバイオフードリサイクル※3がメタン発酵して発電を行い、その電力をアーバンエナジーが「創電割®」により民間事業者に供給するものです。発電した電力はEVパッカー車の充電電力の一部にも活用します。

 当社グループはこれまで、株式会社横浜国際平和会議場(社長:中山こずゑ、本社:横浜市西区、以下、パシフィコ横浜)が排出する産業廃棄物の収集・運搬、および焼却処理を9年間に亘り行い、2017年度からは発電した電気を「創電割®」を通じパシフィコ横浜の管理施設である臨港パークに供給しています。
 こうした当社グループの実績が、サステイナブルへの取り組みを推進しているパシフィコ横浜に評価され、従来のメニューに加えて新メニューも8月より採用されました。

 当社グループは、今後もグループの保有する幅広い技術・サービスを活用し、一体となって環境負荷を低減する事業を展開してまいります。

※1 アーバンエナジーが廃棄物から発電した電力を買い取り、廃棄物の発生元施設へ供給する場合に、廃棄物量に応じて電力料金を割り引くサービス。同サービスは2017年から開始しており、新電力の中でも独自のサービス。

※2 J&T環境株式会社(社長:露口哲男、本社:横浜市鶴見区)
   出資会社 JFEエンジニアリング64%、JERA 36%

※3 J株式会社 Jバイオフードリサイクル(社長:蔭山佳秀、本社:横浜市鶴見区)
   出資会社 JFEエンジニアリング10%、J&T環境56%、東日本旅客鉄道17%、東日本環境アクセス17%


■今回のサービスの概要


以上

本件に関するメディアからのお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室