menu
ニュース

2016年

都市環境プラント基幹改良工事の連続受注
~プラント5施設を長寿命化および省エネ化~

2016年12月13日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)は都市環境プラントの基幹改良工事を今年度相次いで受注いたしましたので、お知らせします。

 当社が受注した基幹改良工事は、つくば市クリーンセンター(茨城県つくば市)、六供清掃工場(群馬県前橋市)、那覇・南風原クリーンセンター(沖縄県那覇市・南風原町環境施設組合)、池田市クリーンセンター(大阪府池田市)、米子市クリーンセンター(鳥取県米子市)です。受注金額は5件合計でおよそ300億円となっています。

 これらの事業で当社は、老朽化した一般廃棄物処理施設について、施設の現況・ニーズに則した工場主要機器の更新・改造を行います。これにより施設の長寿命化によるライフサイクルコスト※1の低減と省エネ化による二酸化炭素排出量の削減を実現します。

 一般廃棄物処理施設は、全国で約1050施設が稼動していますが※2、このうち約7割は稼動後15年を経過しています。
 公共資産の有効活用が社会ニーズとして高まる中、これからも当社は都市環境プラントのリーディングカンパニーとして、プラントの新設のみならず、基幹改良工事等により、自治体の財政負担軽減や地球環境の保全に貢献してまいります。

※1:ライフサイクルコスト
  施設建設費、運営管理費(運転費、点検補修費)、解体費を含めた廃棄物処理施設の生涯費用の総計。このうち、点検補修費はオーバーホール、補修のみならず改造等の費用を含むものをいう。
※2:「平成26年度調査結果」(環境省)では平成26年のごみ焼却施設数として1,047施設(休炉施設を除く)とある。


【受注概要】
1. つくば市クリーンセンター
発注者 つくば市
工事名称 クリーンセンター焼却施設基幹的設備改良工事
建設場所 つくば市水守2339番地
主な工事内容 蒸気タービン発電設備、白煙防止設備、電気・計装設備更新
主なCO2削減方策 発電能力増強、高効率モータ採用
CO2排出量の削減率 20%以上
処理能力(改造後) 125t/日×3炉
完成期日 2020年3月10日
既設炉竣工年月 1997年2月

2. 前橋市六供清掃工場
発注者 前橋市
工事名称 六供清掃工場延命化工事
建設場所 前橋市六供町1536番ほか
主な工事内容 焼却炉・ボイラ、蒸気タービン発電設備、電気・計装設備更新、触媒脱硝設備新設
主なCO2削減方策 発電能力増強、高効率モータ採用、インバータ化ほか
CO2排出量の削減率 20%以上
処理能力(改造後) 135t/日×3炉
完成期日 2020年3月
既設炉竣工年月 1991年9月

3. 那覇・南風原クリーンセンター
発注者 那覇市・南風原町環境施設組合
工事名称 那覇・南風原クリーンセンター基幹的設備改造工事
建設場所 沖縄県島尻郡南風原町字新川650
主な工事内容 燃焼装置、給じん装置、ダンピングボックス、触媒反応塔、灰処理設備更新
処理能力(改造後) 150t/日×3炉
完成期日 2021年3月31日
既設炉竣工年月 2006年3月

4. 池田市クリーンセンター
発注者 池田市
工事名称 池田市クリーンセンター基幹的設備改良工事
建設場所 大阪府池田市桃園2丁目3番2号
主な工事内容 ごみクレーン、燃焼装置、集じん装置、減温塔
送風機、灰出し設備、電気・計装設備更新
主なCO2削減方策 送風機インバータ化、高効率モータ採用
CO2排出量の削減率 3%以上
処理能力(改造後) 60t/日×3炉
完成期日 2020年3月31日
既設炉竣工年月 1983年9月

5. 米子市クリーンセンター
発注者 鳥取県米子市
工事名称 米子市クリーンセンター基幹的設備改良工事
及び長期包括的運営事業
建設場所 鳥取県米子市河崎3280番地1
主な工事内容 ボイラ、バグフィルタ、通風設備、電気計装設備の更新、灰出し設備の改造等
及び施設の長期包括運営
主なCO2削減方策 送風機インバータ化、高効率モータ採用、灰溶融設備休止等
CO2排出量の削減率 3%以上
処理能力(改造後) 90t/日×3炉
完成期日 2020年3月31日
既設炉竣工年月 2002年3月

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953