1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 福山市より一般廃棄物処理施設の整備運営事業を受注

福山市より一般廃棄物処理施設の整備運営事業を受注

2020年10月6日
JFEエンジニアリング株式会社

JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)はこのたび、福山市より「福山市次期ごみ処理施設整備・運営事業」を受注しました。

本事業は、福山市内の老朽化が進むごみ処理施設4箇所を統合すると共に府中市、神石高原町との広域処理体制を構築するもので、当社は、福山市が新設する焼却施設(ストーカ方式焼却炉、200t/日×3炉)および粗大ごみ処理施設(16t/5h)の設計・施工と、約20年間にわたる両施設の運営業務をDBO方式※1により一括で受託しました。

新しい施設は、超高温高圧ボイラの採用により、国内の一般廃棄物処理施設としては最高レベルの高効率発電を実現します。
焼却炉には当社独自の「高温空気燃焼」技術※2に先進の制御技術を付加することにより、幅広いごみ量・ごみ質に対しても、燃焼・発電出力の安定化を図ります。
また、当社横浜本社内の「グローバルリモートセンター」※3より、プラントの遠隔運転監視・操業支援を行うことで、より一層安全で質の高いサービスを提供いたします。
さらに焼却残渣(主灰・飛灰)の「全量リサイクル」を実現することで、福山市の目指す循環型社会の形成に貢献して参ります。

当社はこれからも廃棄物発電プラントのリーディングカンパニーとして、SDGs(持続可能な開発目標)の達成と社会課題の解決を目指し、お客様のニーズに合わせた最適な技術を提供して参ります。

本事業の概要

発注者 福山市
受注者 (代表企業) JFEエンジニアリング株式会社
(構成員) JFE環境サービス株式会社、メタウォーター株式会社
(協力企業) 熊谷組・三島産業・富士建設共同企業体、ツネイシカムテックス陸運株式会社
ツネイシカムテックス株式会社
事業名 福山市次期ごみ処理施設整備・運営事業
工事場所 広島県福山市箕沖町地内
事業内容 ストーカ方式焼却炉200t/日×3炉の設計・施工
粗大ごみ処理施設16t/日の設計・施工
約20年間の両施設運営
焼却残渣(主灰、飛灰)の運搬・資源化
受注金額 783億7500万円 (税込み)
工事期間 2020年9月~2024年7月
運営期間 2024年8月~2044年3月

施設完成予想イメージ図

1006福山市次期ごみ処理施設整備・運営事業.jpg

以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。

  • JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室
一覧に戻る
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 福山市より一般廃棄物処理施設の整備運営事業を受注