menu
製品情報

鉄構インフラ

がんばL工法®

本工法は、既設岸壁前面のL形補強構造物(L形ジャケットと鋼管杭)で、岸壁を補強する工法です。

工法の特徴

  1. 岸壁法線を変えずに補強可能
  2. 地盤改良工法による補強より経済的
  3. 岸壁前面からの施工により、岸壁供用しながら補強可能
  4. 岸壁エプロン部の地盤改良がなく、既設建屋等の移設不要

従来工法(地盤改良)に対し、
 工費 30%削減
 工期 40%短縮

がんばL工法®(特徴)

既設岸壁の前面に、L型ジャケット・鋼管杭を設置し、補強します

・老朽化で補修・補強が必要な岸壁
・耐震強化対策が必要な岸壁

NETIS登録 KTK-150008-A
特許 第5347898号

地盤改良工法と比べ、工事費3~4割、現地作業工期4~6割程度を、低減できます

(従来工法) 従来工法
(がんばL工法®) がんばL工法Ⓡ