menu
製品情報

鉄構インフラ

ジャケット式桟橋

本工法は、鋼管で組み立てた立体トラス構造物の脚(レグ)に、杭を打ち込んで海底地盤に固定し、杭とレグを溶接またはグラウトで一体化させた工法です。
杭に被せた格好となることから、上に羽織る意味で『ジャケット』と呼ばれます。

工法の特徴

  1. 大水深・軟弱地盤に有利
  2. 現地急速施工
  3. 耐震性が高い
  4. 環境にやさしい

ジャケット式桟橋(工法概要)

1. 概要

ジャケット式桟橋とは、基礎杭に、鋼管で組み立てた立体トラスを被せた桟橋です。
(羽織るという意味で『ジャケット』と呼ばれます)

ジャケット式桟橋(工法特徴)

2. 特徴

  1. 水平剛性が大きい(立体トラス構造)
  2. 杭間隔を広げられる(杭本数が少ない)
    ⇒ 大水深、耐震、軟弱地盤、急速施工に適する

ジャケット式桟橋(施工フロー)

その他の機能型ジャケット

3. その他の機能付きジャケット

防波版付きジャケット アーク矢板ジャケット
アーク矢板ジャケット
設置型ジャケット ハイブリッド防潮堤
重力式(地盤の良い海底に杭を用いずに設置)
空港滑走路・誘導路 アーク矢板ジャケット
長期耐久性防食
(スーパーステンレス鋼によるライニング)
土砂積出桟橋(ジャケット式基礎) ハイブリッド防潮堤
ジャケット式下部工

ジャケットによる既設桟橋の改良工法

既設の岸壁を、増進化・耐震強化・上部工の更新をする工法として、剛性の高いジャケットを用いることで、経済的かつ短工期に、改良することが可能です。

  1. 既設杭を活用し、経済的に、耐震強化が可能
  2. 現地施工の容易化・急速化

ジャケット置換工法(既設桟橋の補強)

4. 既設桟橋の補強工法(ジャケット置換工法)

作業桟台用ジャケットについて

ジャケットは、海上工事等に利用する一時的な桟台等の仮設構造物にも、使用されます。

  1. 水深が大きい場合、他形式より経済的
  2. 杭式桟橋等より杭の打設杭本数が少なく、現地急速施工化
  3. 剛性が高いため、施工時水平力に対して強く、安全性向上
  4. 施工後に緩衝工としても利用可能

作業桟台用ジャケット

ニューマチックケーソン工法での作業桟台用ジャケットの適用例

実績例

工事名称
飛島ふ頭南岸壁(-16m)本体製作据付工事
発注者
中部地方整備局
目的・機能
耐震強化岸壁(-16m)
施工年度
2009年度
寸法緒元
長49.5×幅37.5×高17.9m(レグ本数15)
製作数
3基
重量
鋼重
550t/基
コンクリート体積
グラウト55m3/基
設計概要
設計震度0.27
特徴・機能
コンテナクレーン1400t級
工事名称
大阪港 北港南地区岸壁(-16m)(C12延伸)築造工事
発注者
近畿地方整備局
目的・機能
耐震強化岸壁(-16m)
施工年度
2015年度
寸法緒元
長49.5×幅37.0×高17.3m(レグ本数15)
製作数
5基
重量
鋼重
595~620t/基
コンクリート体積
グラウト63m3/基
設計概要
設計地震荷重L1・L2
特徴・機能
コンテナクレーン1000t、1400t級
工事名称
那覇港(泊埠頭地区)岸壁(-9m)(耐震)築造工事
発注者
沖縄総合事務局
目的・機能
耐震強化型客船発着場
施工年度
2007年度
寸法緒元
長49.9~59.7×幅28.8~19.15×高10.5m(レグ本数9~6)
製作数
4基
重量
鋼重
305~315t/基
コンクリート体積
グラウト22~30m3/基
設計概要
設計震度0.20、設計水深-13.9~-16.4m
特徴・機能
クルーズ船
工事名称
東京港中央防波堤外側地区岸壁(-16m)築造工事
発注者
関東地方整備局
目的・機能
耐震強化岸壁(-16m)
施工年度
2011年度
寸法緒元

長48.5×幅19.7×高15.2m(レグ本数8)

製作数
6基
重量
鋼重
330~355t/基
コンクリート体積
グラウト45m3/基
設計概要
設計震度0.25、設計水深-16.0m
特徴・機能
耐海水性ステンレスライニング、コンテナクレーン2200t級
工事名称
常陸那珂火力発電所新設工事 揚炭桟橋工事
発注者
電源開発
目的・機能
岸壁(-19m)
施工年度
2000年度
寸法緒元
長25.0×幅32.0×高25.0m(レグ本数12)
製作数
12基
重量
鋼重
2560t/基
コンクリート体積
設計概要
設置水深-20.5m
特徴・機能
設置式(重力式)
工事名称
富山新港火力発電所LNG1号機桟橋工事
発注者
北陸電力
目的・機能
LNGワーキングプラットフォーム
施工年度
2014年度
寸法緒元
長32.5×幅37.0×高19.0m(レグ本数12)
製作数
1基
重量
鋼重
840t/基
コンクリート体積
グラウト47m3/基
設計概要
設計地震荷重L1
特徴・機能
斜杭式
工事名称
牟田漁港改修工事
発注者
熊本県姫戸町
目的・機能
防波堤
施工年度
2002年度
寸法緒元
長30.0×幅5.8×高16.4m(レグ本数8)
製作数
1基
重量
鋼重
160t/基
コンクリート体積
グラウト21m3/基
設計概要
設置水深-11.2~18.0m、設計波高(1/3)2.4m
特徴・機能
カーテンウオール式
工事名称
阿翁浦地区広域漁港整備工事
発注者
長崎県
目的・機能
防波堤
施工年度
2010年度
寸法緒元
長24.8×幅15.5×高21.5m(レグ本数8)
製作数
1基
重量
鋼重
200t/基
コンクリート体積
グラウト22m3/基
設計概要
設置水深-15.8m
特徴・機能
海水交換機能付き
工事名称
葛輪漁港広域漁港(一般)整備工事(3工区)
発注者
鹿児島県
目的・機能
防波堤
施工年度
2010年度
寸法緒元
長19.8×幅26.2×高33.7m(レグ本数8)
製作数
1基
重量
鋼重
245t/基
コンクリート体積
グラウト60m3/基
設計概要
設置水深-27.0m、設計波高(1/3)2.3m
特徴・機能
カーテンウオール式
工事名称
坂出LNG基地防衝工ジャケット製作工事
発注者
坂出LNG
目的・機能
防衝工
施工年度
2007年度
寸法緒元
長8.2×幅8.2×高7.0m(レグ本数4)
製作数
4基
重量
鋼重
30t/基
コンクリート体積
グラウト7m3/基
設計概要
設計震度0.18
特徴・機能
配管連絡橋基礎の防衝工
工事名称
坂出LNG基地配管連絡橋
発注者
坂出LNG
目的・機能
配管連絡橋
施工年度
2007年度
寸法緒元
長50.0×幅6.5×高4.0m
製作数
5基
重量
鋼重
60t/基
コンクリート体積
設計概要
特徴・機能
LNGバース用配管
工事名称
東京港中央防波堤内側埋立地建設土積出基地整備工事
発注者
東京港埠頭公社
目的・機能
土砂積出桟橋(基礎)
施工年度
2005年度
寸法緒元
長15.35×幅15.55×高5.0m(レグ本数9)
製作数
1基
重量
鋼重
67t/基
コンクリート体積
グラウト3m3/基
設計概要
設置水深+1.0m
特徴・機能
工事名称
東京港中央防波堤内側埋立地建設土積出基地整備工事
発注者
東京港埠頭公社
目的・機能
土砂積出桟橋(上部工)
施工年度
2005年度
寸法緒元
長32.25×幅5.25+4.5+5.25×高6.0~0.4m
製作数
1基
重量
鋼重
350t
コンクリート体積
設計概要
設計桁高+10.0m
特徴・機能
橋梁形式(鋼床版鈑桁)
工事名称
石巻漁港-7.0m桟橋外災害復旧工事
発注者
宮城県
目的・機能
桟橋
施工年度
2012年度
寸法緒元
長29.6~40.0 ×幅26.5×高7.5m(レグ本数8)
製作数
12基
重量
鋼重
105~140t/基
コンクリート体積
グラウト13m3/基
設計概要
設置水深-7.5m
特徴・機能
耐海水性ステンレスライニング
工事名称
伏木富山港(新湊地区)道路(東西線)作業桟台築造工事
発注者
北陸地方整備局
目的・機能
作業桟台
施工年度
2003年度
寸法緒元
長18.0×幅10.0×高8.0m
製作数
2基
重量
鋼重
87t/基
コンクリート体積
設計概要
設置水深-7.0m、設計震度0.16
特徴・機能