menu
製品情報

鉄構インフラ

桟橋補強工法(深梁工法)

本工法は、工場製作した鋼製部材を既設桟橋に取付け、補強する工法です。

工法の特徴

  1. 既設桟橋の耐震化・増深化
  2. 桟橋を供用しながらの補強が可能
  3. 大型重機不要

従来工法(増杭)に対し、
 工期 60%短縮
 共用停止期間 80%削減
 現地工費 80%削減

深梁工法(工法概要)

NETIS登録 KTK-140008-A
特許 第5136589号

既設桟橋に対するニーズ

  1. 増深
  2. 外力増加(船舶大型化、耐震強化)
  3. かさ上げ
  4. 杭の腐食対策

既設桟橋の補強工法

深梁工法(特徴)

曲げモーメントの分布を変えることで補強する
追加する梁の剛性によって、補強箇所・程度を設定できる

深梁工法(現地施工フロー)

実績例

工事名称
青森港本港地区岸壁(-10m)改良工事
発注者
東北地方整備局
目的・機能
杭桟橋の耐震補強
施工年度
2014年度
寸法緒元
梁高0.9×梁幅0.45/格点高2.0×格点幅1.5m
製作数
35基
重量
7t/基
鋼重
7t/基
コンクリート体積
グラウト5m3/基
設計概要
設置水深-4.0m、設計地震荷重L1・L2
特徴・機能
直杭-直杭(φ1000)
工事名称
大阪港 南港フェリー埠頭第一桟橋補強
発注者
阪神国際港湾
目的・機能
杭桟橋の耐震補強
施工年度
2015年度
寸法緒元
梁高1.0×梁幅1.0/格点高1.0×格点幅1.0m
製作数
64基
重量
3~4t/基
鋼重
3~4t/基
コンクリート体積
グラウト1m3/基
設計概要
設置水深-2.0m・-4.5m、設計地震荷重L1、船舶17100GT
特徴・機能
直杭-直杭、斜杭-斜杭(φ609)
工事名称
松川浦漁港 災害復旧(再復)工事(防砂堤)
発注者
福島県
目的・機能
杭桟橋の復旧・更新
施工年度
2016年度
寸法緒元
梁高0.3×梁幅0.5/格点高0.8×格点幅1.0m
製作数
5基
重量
3t/基
鋼重
3t/基
コンクリート体積
グラウト1m3/基
設計概要
設置水深-1.0m、設計震度0.13
特徴・機能
直杭-直杭(φ500)