menu
製品情報

橋梁

EPP工法(エコ・ペイント・ピーリング工法)

テクノロジーの概要

EPP工法(エコ・ペイント・ピーリング工法)は、塗装面に塗布するだけで塗膜が浮き上がり、塗膜を短時間で剥離させることができる、全く新しい塗膜剥離剤(インタープラス)を使用した画期的な工法です。
下地の金属を傷めず、剥離作業の効率化、工期短縮がはかれるだけでなく、水性系のため、環境にやさしく、人体にも安全な製品なので安心してご使用いただけます。

特長

1.安全で安心

  • シンナーなどの溶剤を含まない水系一液塗料剥離剤を使用していますので、これまでの剥離剤と比較して、安全に作業できます。

2.後処理が容易

  • ブラストのようなダスト処理の必要がありません。また、使用用具は水で洗い流すことができ、処理が容易です。

3.使い方が簡単

  • 剥離剤を既存の塗装面に塗布するだけ。あとは自然に塗膜が持ち上がり、きれいに分離します。

4.剥離時間が短い

  • 剥離剤塗布後6~24時間程度で剥離が完了(塗装の膜厚や階層などで時間は異なります)。総合的な工期短縮がはかれます。

実際の剥離状況

  • 1.塗布後数時間経過

     

  • 2.剥離作業状況

  • 3.剥離完了

  1. 塗膜の種類、劣化の程度、施工環境温度、塗膜厚などにもよりますが、早いものでは1時間もしないうちに、写真のような反応があらわれます。
  2. 写真は、手動のスクレーパで塗膜を剥がしている様子。
    電動スクレーパなど、他の工具などを組み合わせることで、一層効率的な剥離作業が可能となります。
  3. 剥離材によって古い塗膜を剥離した後、EPP工法専用のクリーナーで剥離面をクリーニングすることによって、一層清浄な素地を得ることが出来ます。

EPP工法による剥離の仕組み

第1段階

本剥離剤を既存塗膜に塗布すると、塗膜に浸透していき、塗膜の化学結合を破壊します。

●剥離剤は既存塗膜厚と同程度の膜厚を確保して施工してください。

第2段階

剥離剤が旧塗膜に浸透すると、化学反応により塗膜を持ち上げます。

●本剥離剤は塗膜自体を溶解するものではありません。

第3段階

剥離剤が浸透していくと、酸素の膨張・解放反応により、さらに塗膜を持ち上げます。

●無機ジンクリッチプライマーは剥離できません。

■塗布から剥離するまでの時間:6時間~24時間
   ●既存塗膜の膜厚や階層により剥離時間は変る場合があります。
   ●状況によっては、2回目の施工が必要な場合があります。

■施工環境温度で反応時間が変わります。
   ●最低温度 0℃
   ●推奨温度 10℃~35℃

《施工前に小さなエリアでの試験を推奨します。》

EPP工法の対応塗料

対応塗料

○フタル酸樹脂 ○シリコンアルキド樹脂 ○フェノール樹脂 ○塩化ゴム ○塩化ビニル樹脂 ○エポキシ系樹脂 
○ポリウレタン樹脂 ほか

剥離困難な塗料

○無機系ジンク塗料 ○ガラスフレーク塗料