menu
ニュース

2020年

JFE-METS が2019 年度「省エネ大賞 経済産業大臣賞」を受賞
~多拠点のエネルギー管理を一括で行い省エネを実現~

2020年1月30日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下 元、本社:東京都千代田区)が提供する「多拠点一括エネルギーネットワークサービス(サービス名称「JFE-METS」、以下、同)」が、2019(令和元)年度省エネ大賞※1の製品・ビジネスモデル部門の最高位である「経済産業大臣賞」を受賞しました。

 この度受賞したJFE-METSは、これまで一般的であった拠点単位のエネルギー最適化ではなく、事業者単位やエリア単位など、複数の拠点を一括管理しエネルギー最適化を提供するサービスです。お客様のエネルギー消費実態を分析し、お客様に代わって各拠点に全体最適となるエネルギー関連設備を配置、運営し、遠隔地も含めたエネルギー融通を実施することで、総合的に省エネを実現します。※2

 複数の拠点での省エネの取組みとしては、隣接地を対象とした面的取組み※3などがありますが、JFE-METSは、当社が保有するグローバルリモートセンター※4、アーバンエナジー※5、今回開発したESPシステム※6の連携により遠隔地のエネルギー融通を可能としており、全国に拠点を有する事業者の省エネ推進において、非常に有効な手段であることを提起するものであります。

 JFE-METSは既に、ESGを重視した経営の実践を進めている日清オイリオグループ株式会社様にご採用頂き、全国4拠点間※7でのエネルギー融通を実施することにより、全社で14.3%(2015年度比)の省エネを実現しています。

 当社は今後もエネルギーの有効利用に関する様々な取り組みを展開し、SDGsの達成を世界レベルでけん引できる存在となるよう努めてまいります。



※1 一般財団法人省エネルギーセンターが主催し、わが国全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的としており、事業者や事業場等において実施した他者の模範となる優れた省エネ取り組み(省エネ事例部門)や、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデル(製品・ビジネスモデル部門)を表彰するものです。

※2 JFE-METS の詳細については以下URL 参照ください
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2019/PDF/20200130.pdf

※3 ある地域や工業団地など一定の範囲のエリアでエネルギーやユーティリティ、その他の共同的な管理・運用を行うもの。省エネ機器や再生可能エネルギーの導入による環境改善への取組みや、非常用機器や防災対応機器の導入など、地域防災管理上への取組みを目的とする。

※4 JFE エンジニアリング横浜本社内に設置された、国内外のプラントの遠隔監視・運転支援を行う施設

※5 電力小売りを行うJFE エンジニアリングの100%子会社(社長:小賀坂善久、本社:神奈川県横浜市)

※6 エネルギーの需要予測、最適発電量制御、電力売買計画策定などの機能を有するシステム

※7 横浜磯子事業場、名古屋工場、堺工場、水島工場


<表彰式の様子>


■1月29日に「ENEX2020-第44回地球環境とエネルギーの調和展」にて行われた授賞式典
左:牧原秀樹経済産業副大臣
右:当社松川裕二専務執行役員


■当社関係者による記念撮影

以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFE エンジニアリング株式会社 総務部広報室