menu
ニュース

2019年

EV用100kW 超急速充電器を開発 
~国内最大出力で電力基本料金を△70%低減~

2019年8月19日
JFEエンジニアリング株式会社
JFEテクノス株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)の100%子会社であるJFEテクノス株式会社(社長:吉田誠太郎、本社:横浜市鶴見区)は、従来品より充電時間を半減し、更に充電能力を高めた超急速充電器を開発し、2020年度上期から販売いたします。

 JFEテクノスは、これまで電力基本料金を飛躍的に低減した出力50kWの急速充電器の販売を行なってきましたが、出力100kWの大容量電池を搭載したEVの普及に対応するため、超急速充電器をラインナップしました。

 開発中の機種は、CHAdeMO 2.0※1の最新基準に準拠した蓄電池内蔵型(最大出力100kW)の超急速充電器で、国内で販売されている充電器としては最大出力となります。また、内蔵蓄電池のアシストにより受電を50kW以下に抑えられるため、急速充電器の受電契約で一般的な高圧受電※2契約に比べて電力基本料金が約70%も安価な低圧受電契約が可能です。

 JFEテクノスは、 2011年9月に世界で初めて蓄電池内蔵型超急速充電器の技術開発に成功し、その後50kW蓄電池内蔵型急速充電器をこれまで160基販売するなど、電池内蔵型の豊富な経験とノウハウを有します。
 今後、新開発機種の実証を2019年度内に完了し、2020年度上期にCHAdeMO認定を取得、全国に販売してまいります。


※1 チャデモ:EV(電気自動車)の急速充電方法の国際的な規格。(2014年4月に開催されたIECにおいて電気自動車用急速充電規格の国際標準として、承認済。)

※2 東京電力の場合、出力100kWクラスの急速充電器は高圧受電契約となり年間の電力基本料金は200万円程度、 これに対して低圧受電契約であれば58万円程度となります。


■開発中の超急速充電器 Super RAPIDAS-SR イメージ


以上

本件に関するメディアからのお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室

本件の商品に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEテクノス株式会社 太陽光・風力・EV事業部