menu
ニュース

2019年

熊本市で地域総合エネルギー事業を開始

2019年4月17日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、熊本県熊本市(市長: 大西一史)と昨日、5月より地域総合エネルギー事業を開始することで合意しました。事業主体は、JFEエンジニアリングが設立した「スマートエナジー熊本株式会社」で、熊本市が同社への出資による経営参画を行います。同社は、熊本市を中心に地産電力供給やエネルギーマネジメントを主力事業として展開します。

 JFEエンジニアリングは、熊本市西部環境工場の長期包括運営や自治体と連携した電力の地産地消など数多くの官民連携事業を行っています。熊本市は、熊本地震を契機に災害に強いまちづくりを目指すとともにエネルギー最適利用の検討を行なってきました。

 新会社は、電力供給事業として、再生可能エネルギーである清掃工場の余剰電力を200箇所超の公共施設に供給します。
 またエネルギーマネジメント事業として、公共施設内に設置する蓄電池で電力過不足の調整を行い、電力の地産地消化率の向上を促進するとともに、取得したデータを元に公共施設への省エネ提案を行い、エネルギー最適利用を促進します。
 これらに加えて、熊本市の防災拠点に自営線を敷設し電力供給を行うことで、熊本市の防災力強化にも貢献します。

 熊本市は、今回の事業に伴って生じる経済的メリットを基金として活用する「省エネルギー等推進事業」を開始しています。これは、同市による市民や事業者に対して電気自動車や低炭素住宅等の導入支援で、電力の地産地消により生じる財源を活用した温暖化対策を目的とする国内初の取り組みです。これにより年間で約200tのCO2削減に寄与する見込みです。

 JFEエンジニアリンググループは、今後も再生可能エネルギーの地産地消を進め、地域社会を主体とした持続可能な社会の実現に向けて取り組んでまいります。


■共同出資会社の概要

(1) 名称 :スマートエナジー熊本株式会社
(2) 所在地:熊本県熊本市
(3) 代表者:横尾 将
(4) 事業内容:総合エネルギー事業(電力小売事業、エネルギーマネジメント事業など)
(5) 資本金:1億円 (資本準備金を含む)
(6) 設立年月日:2018年11月15日
(7) 出資者:熊本県熊本市 5%
        JFEエンジニアリング株式会社 95%



■西部環境工場



■地域エネルギー事業 開始記念式(4月16日)


左 熊本市 大西一史市長
右 JFEエンジニアリング株式会社 大下元代表取締役社長

以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室