menu
ニュース

2017年

札幌市のスマートアグリプラント稼動
~苫小牧市につづく2番目の生産拠点、5月26日に竣工式を開催~

2017年5月29日
JFEエンジニアリング株式会社
株式会社Jファーム

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)のグループ会社である株式会社Jファーム(社長:堀内博、本社:北海道札幌市)※1は、札幌市に建設したスマートアグリプラントの竣工式典を5月26日に執り行いました。式典には高橋はるみ北海道知事、秋元克広札幌市長をはじめ、約100名のご来賓ならびに関係者の皆様に参列いただきました。

 株式会社Jファームは、2014年に建設した2.5haの苫小牧プラントでトマトやベビーリーフの生産を行ってきました。2016年4月には、拡大するお客様のニーズに応えるべく札幌市にトマト栽培専用のプラントを新設し、苫小牧とあわせ2拠点での生産体制を構築することを決定しました。
 札幌プラントは、農林水産省の補助事業である「平成28年度強い農業づくり交付金※2」により建設費用の約1/2の給付を受け2016年12月に完成し、2017年4月より出荷を開始しています。 

 プラントのエネルギー源にはJFEエンジニアリングのオンリーワン技術である排ガス浄化機能を備えたバイオマスボイラ※3を採用し、温室に熱とCO2を供給します。
また、温室にはエネルギーコストを抑制しながら積雪に対応する独自の融雪システムを設置しました。

 株式会社Jファームは、苫小牧と札幌の2拠点で安心安全な野菜を安定的に生産し、国内のみならず、シンガポールや香港をはじめ海外にも販路を拡げてまいります。
 JFEエンジニアリンググループは、今後も最先端の技術を用いたスマートアグリプラントにより、新しい農業の形成を推進してまいります。


※1 2013年11月に株式会社アド・ワン・ファーム(社長:宮本有也、本社:北海道札幌市)とJFEエンジニアリング株式会社の共同出資により設立

※2 強い農業づくり交付金の中で、平成28年度に新設された『次世代施設園芸の地域展開』の優先枠により採択。これは地域エネルギーと先端技術を活用した高度環境制御型栽培施設に交付される。従来設備に対し、化石燃料を50%以上削減することなどが要件として挙げられており、札幌工場ではバイオマスボイラを熱源、CO2源とすることでこれを実現。

※3 ベース熱源として木質チップを燃料とするバイオマスボイラ(450kW×2台)を利用。これに加えて、ピーク時の熱源として天然ガスを利用するガス焚き温水ボイラ(1,160 kW×3台)を設置する。


■札幌プラント内部



■竣工式典のテープカットの様子


高橋はるみ 北海道知事(左から3人目)、秋元克広 札幌市長(左から2人目)、
児嶋秀平 経済産業省北海道経済産業局長(左端)、大坪正人 農林水産省北海道農政事務所長(右端)、
大下元 JFEエンジニアリング代表取締役社長(右から3人目)、堀内博 Jファーム代表取締役社長(右から2人目)

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部 広報グループ TEL.045-505-8953