menu
ニュース

2017年

水俣市でCO2を大幅に削減する地域新電力の実証開始
~官民連携で再生可能エネルギーを中心とした電力供給~

2017年2月27日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:狩野久宣、本社:東京都千代田区)は、熊本県水俣市(市長:西田弘志)およびJNC株式会社(社長:後藤泰行、本社:東京都千代田区)と共同で、「再生可能エネルギーを中心とした電力による水俣市保有施設への電力供給」の実証試験を行うことを本日合意しました。

 熊本県内では、球磨川流域等の豊富な水量により、大規模な水力発電が行われています。今回の実証試験では、当社が保有する再生可能エネルギー発電所に加え、JNC(株)が保有する水力発電所からの電力を当社子会社のアーバンエナジー株式会社(社長:小賀坂善久、本社:神奈川県横浜市)を通じて、水俣市が保有する施設に2017年度の早い時期より供給します。その後6ヶ月ないし1年を目処に、電力供給先の再生可能エネルギー比率の向上によるCO2排出量削減や、供給の安定性、料金削減などを確認します。効果が確認され次第、水俣市、JNC(株)および当社は、共同出資による地域エネルギー供給会社を設立する協議を開始することとしています。

 当社は官民連携による地域エネルギー供給会社として、本年4月1日、静岡県磐田市と共同で「スマートエナジー磐田(株)」の設立をいたします。当社グループは、地域の特性を活かしながら環境負荷とエネルギーコストを低減し、地域とともに歩む地産地消型エネルギー供給事業を今後も積極的に進めてまいります。

■実証試験の概要

(1) 共同試験期間 : 2017年2月~2018年3月
(ただしこの期間の終了前に事業化に進む可能性もある)
(2) 小売電気事業者 : アーバンエナジー(株)
(3) 電力供給先 : 水俣市役所等の水俣市保有施設
(4) 電力供給規模 : 約1000kW
(5) 電力のCO2排出係数(参考)
    現在契約中の電力会社 … 0.528 kg-CO2/kWh
    アーバンエナジー(株) … 0.249 kg-CO2/kWh
    水力発電  … 0.011 kg-CO2/kWh (資源エネルギー庁公表値)


■アーバンエナジー(株)の概要

(1) 名 称 : アーバンエナジー株式会社
(2) 所 在 地 : 横浜市鶴見区末広町二丁目1番地
(3) 代 表 者 : 取締役社長 小賀坂 善久
(4) 事業内容 : 電力小売事業
(5) 資 本 金 : 5千万円
(6) 設立年月日 : 2013年12月3日
(7) 出 資 者 : JFEエンジニアリング株式会社 100%


■実証試験スキーム


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953