menu
ニュース

2016年

鈴鹿市清掃センター改修対策事業を受注
~基幹的設備改良工事と運営業務の一括DBO方式~

2016年4月18日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)はこのたび、三重県鈴鹿市より鈴鹿市清掃センター改修対策事業を受注しました。

 本事業は、民間事業者の技術力と経営能力を活用するため、基幹的設備改良工事と17年間の運営業務を一体としたDBO(設計・建設・運営)方式で発注されました。経年劣化が見られる主要機器の更新を行い、計画的で効率的な維持管理を行うことで、施設の大幅な延命化をめざします。

 本事業は、施設を省エネルギー化し、CO2排出量を従来比3.7%以上削減することにより、環境省から循環型社会形成推進交付金※1が交付される予定です。当社は、この交付金制度が制定された2010年以降、累計で19件の基幹改良工事を受注しています。

 一般廃棄物処理施設は、全国で約1200施設※2が稼動していますが、このうち約半数は稼動後15年を経過しており、基幹的設備改良工事や更新のニーズが高まっています。当社は、今後も都市環境プラントのリーディングカンパニーとして、自治体の財政負担軽減や地球環境の保全に貢献してまいります。


※1:廃棄物削減に向けた環境活動3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進するために計画された施設整備に交付金を付与する制度。一般廃棄物処理施設の大規模改修に対してはCO2削減量などに応じて交付される。

※2:「日本の廃棄物処理 平成25年度版」(環境省)では平成25年度のごみ焼却施設数として1,173施設とある。


【受注概要】




【鈴鹿市清掃センター】


以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953