menu
製品情報

ロジスティクス

コンテナ立体格納庫

JFEエンジニアリングは、コンテナターミナルの発想を大きく変えるコンテナ立体格納庫を開発しました。
スタッカークレーン方式のコンテナ格納庫としては、世界初の設備です。この設備によりどのコンテナも場所や順序に関係なく、ダイレクトに出し入れすることが可能となりました。リーファコンテナにも対応、手間のかかるアッパーシフト作業からも解放されます。
また、岸壁のコンテナクレーンと連携することによりターミナル全体を効率的に運用することが可能です。
今後、ますます増大する海上輸送コンテナを最適なツールを利用して効率的に運用する。
JFEエンジニアリングは、人と環境に優しい物流の実現をコンセプトとし、次世代のコンテナターミナルを提案いたします。

  1. コンテナの余分な移動を削減

    下にあるコンテナを出す際の上積みコンテナの移動など、コンテナの余分な移動がなくなります。
  2. マーシャリング不要

    先入れ先出しが可能なため、一切のマーシャリングが不要です。
  3. ヤードプランニングの負荷軽減

    立体格納庫内では、プランニングが一切不要となります。
  4. ターミナルの安全性向上

    トレーラ、クレーン、作業員の動線が完全に分離され、危険な混在作業が無くなります。

設備構成例

スタッカクレーン

▲スタッカクレーン

天井クレーン

▲天井クレーン

ターンテーブル

▲ターンテーブル

容量
840TEU
(40tコンテナ×420機)
機構成
2列×30連×7段
直径
8400m2
(150m×56m)
高さ
31m
クレーン能力
最大40t
49コンテナ/時間
搬送設備
スタッカクレーン2基
天井クレーン2基
ターンテーブル2基