製品情報

沿岸構造

ハイブリッド防潮堤®

超急速工法が可能なハイブリッド防潮堤®

テクノロジーの概要

 構造物を鋼とコンクリートから成るハイブリッド構造とすることにより、敷地の占有を極力小さくし、高天端の壁体を建設できます。
 また、底版・基礎杭の結合部に多重鋼管継手(PiP-J)を適用するにより、コンパクトな断面ながら高耐力の防潮堤を実現しています。(特許第5024489号)

ハイブリッド防潮堤®の特長

①プレキャスト化による現地急速施工・工期短縮
②現地資材の需給動向に対する影響の大幅軽減
③プレキャスト部材の小型化,軽量化による狭隘地での施工性向上
④ハイブリッド構造による粘り強い構造の実現
⑤鋼とコンクリートの材料特性を活かした経済性の向上

ハイブリッド防潮堤の特長

粘り強い構造

粘り強い構造

施工フロー図

施工フロー図