menu
製品情報

鉄構インフラ

ハイブリッドポンツーン

本工法は、JFEハイブリッドポンツーンは、合成版と鋼部材で構成されています。
高強度の合成版を用いることで、版厚を薄くできます。また、外壁を鋼板のみで構成する、鋼製ポンツーンもあります。

工法の特徴

  1. 版厚を薄くでき、軽量化が可能
  2. 水深の浅い場所にも設置が可能
  3. 函体内部は、完全止水構造
  4. コンクリート被覆されている内面の鋼板は、腐食に強い

ハイブリッドポンツーン(工法概要)

合成版および鋼殻壁を使用
 ⇒ 薄い壁厚
 ⇒ 軽量化により吃水を小さくできる

①浅水域の設置が可能
②係留装置の小型化

実績例

工事名称
中城湾港(安座真地区)浮桟橋工事
発注者
沖縄県
目的・機能
客船発着場
施工年度
2006年度
寸法緒元
長24.0×幅9.0×高1.8m
製作数
1函
重量
222t/函
鋼重
64t/函
コンクリート体積
44m3
設計概要
設置水深-2.5m、設計波高(H1/3)1.12m、乾舷0.8m
特徴・機能
合成構造、杭式係留
工事名称
苅田港本港築浮桟橋設置工事
発注者
福岡県
目的・機能
漁船係留
施工年度
2009年度
寸法緒元
長65.0+30.0 ×幅10.0/30.0×高1.2m
製作数
2函
重量
鋼重
238t/函
コンクリート体積
設計概要
設置水深-2.8m、乾舷0.8m
特徴・機能
鋼製、杭式係留、係留ビーム付き、3t漁船
工事名称
The Pilot Project of Restoration of the Dalla Ferry Terminal Jetty
発注者
JICA(Myammar)
目的・機能
客船発着場
施工年度
2014年度
寸法緒元
長37.0×幅6.0×高2.5m
製作数
2函
重量
330t/函
鋼重
150t/函
コンクリート体積
74m3
設計概要
設計波高(H1/3)1.00m、乾舷1.4m
特徴・機能
チェーン係留、257t客船
工事名称
みなとみらい21地区国際交流ゾーン桟橋製作工事
発注者
横浜市
目的・機能
客船発着場
施工年度
1991年度
寸法緒元
長24.0×幅24.0×高3.2m
製作数
1函
重量
1200t
鋼重
260t
コンクリート体積
206m3
設計概要
設置水深-7.0m、設計波高(H1/3)1.66m
特徴・機能
合成構造、ドルフィン式係留
工事名称
海釣り公園整備事業
発注者
広島県
目的・機能
釣り桟橋
施工年度
2001年度
寸法緒元
長48.0×幅5.0×高1.50m
製作数
1函
重量
鋼重
77t
コンクリート体積
設計概要
設置水深-7.0m、設計波高(H1/3)0.93m
特徴・機能
鋼製、チェーン式係留