menu
製品情報

鉄構インフラ

ニューマチックケーソン鋼殻

橋脚基礎や立坑を築造するニューマチックケーソン(潜函)工法では、ケーソン下部に鋼殻が使用されます。

工法の特徴

  1. 浮体構造として、高い品質管理のもと鋼殻が浮体構造となる
  2. 作業室設備や計測機器を事前に設置しやすい
  3. 現地作業スペースの節約

ニューマチックケーソン工法(工法概要)

本工法は、立坑や橋脚基礎を築造する際に、地上で構築した躯体(ケーソン)を、その底部の土砂を掘削しながら、地中・海中に沈設する工法です
(ケーソン底部に設けた作業室に、高圧空気を送ることで、地下水の浸入がない状態で、土砂の掘削・排出を行います)

ニューマチックケーソン工法(施工例)

実績例

工事名称
伏木富山港(新湊地区)道路(東西線)橋梁(P22)基礎工事
発注者
北陸地方整備局
目的・機能
橋脚基礎
施工年度
2004年度
寸法緒元
長29.0×幅13.0×高11.5m
製作数
1函
重量
鋼重
400t/函
コンクリート体積
刃口内889m3
設計概要
設置水深-47.0m
特徴・機能
作業室704m3
工事名称
環状2号線隅田川橋りょう鋼製ケーソン製作工事
発注者
東京都
目的・機能
橋脚基礎
施工年度
2012年度
寸法緒元
長39.0×幅10.0×深11.0m
製作数
1函
重量
鋼重
300t/函
コンクリート体積
刃口内215m3
設計概要
設置水深-4.0m
特徴・機能
作業室868m3