menu
製品情報

橋梁

I型鋼格子床版

リバーグレーチングは、主鉄筋として機能するI形鋼と、型枠として機能する亜鉛めっき底鋼板で構成されるプレファブ化部材を架設後、コンクリートを打設することにより施工が完了する床版形式です。跨線橋や急速施工が要求される橋梁に威力を発揮します。

リバーグレーチング

I型鋼格子床版リバーグレーチングの特長

  1. 工期の短縮が可能
    コンクリート打設用の足場工等の架設工事が不要であり、直接主桁に仮設できるため大幅な工期短縮や安全性の確保に貢献します。
  2. 床版厚が薄く軽量
    鉄筋コンクリート床版に比べ鋼材を有効に活用しているため、床版厚が薄く、重量も軽くなります。
  3. 施工管理が容易
    工場製作により品質的に安定しているため鉄筋の間隔・かぶり等の施工管理が容易です。
  4. 剛性が高い
    鉄筋に比べて剛性の高いI型鋼を主部材として使用するため、既に敷設したパネル上にクレーンや生コン車が乗って作業を行うことが可能です。

構造概要

構造概要

主部材

特殊I型鋼で鉄筋コンクリート床版の主鉄筋に相当します。

配力筋

異型鉄筋で構成します。

底板

厚さ1.0mmから1.6mmの亜鉛めっき鋼板でコンクリート打設時に型枠の役目を果たします。

ハンチプレート

厚さ1.6mmから3.2mmまでの亜鉛めっき鋼板でハンチ部型枠となります。

施工フロー

1. 継手筋の挿入

継手筋の挿入

2. クレーンによる架設

クレーンによる架設

3. 継手の接続

継手の接続

4. 地覆型枠の取付け

地覆型枠の取付け

5. コンクリートの打設

コンクリートの打設