menu
製品/サービス PRODUCTS

上水プラント

サンプリング・水質試験設備

RPDマルチモニタ水質計 [ タッチパネル ]

当社のRPDマルチモニタ水質計は、浄水場もしくは送配水管端末付近など、飲料水のpH、遊離残留塩素、濁度を同時に連続計測して集中管理することができます。 各々の測定値は液晶タッチパネル画面にデジタル表示すると共に、バーグラフ表示により相対表示されます。 また画面は、タッチ操作で切替ができ、設定画面・警報画面及び各水質測定項目のトレンドグラフを見る事ができます。

【 特 長 】

  • 無試薬による測定方式。
  • カラー液晶タッチパネル画面表示。
    ■指示値画面(バーグラフ表示)
    ■トレンドグラフ画面
    ■設定画面
    ■警報画面
  • コンパクト設計により点検保守が容易。

タッチパネル

pH計

[ スタンド型 HM-203Dz ]

当社のpH計は、ホルダ、指示変換器などで構成されており、浄水場の処理ライン、一般 的な排水処理ラインなどの水のpH値を連続計測して集中管理することができます。また安全性や経済性、メンテナンスに関しても、長期間に渡って安心してご使用いただけるよう設計されています。

【 特 長 】

  • 内部部品の交換が簡単。
  • 正確に設定できる上下限警報。
  • 取り扱い、保管はきわめて簡単。

残留塩素計

[ 高精度ポーラログラフ式 KI-202Dz ]

本残留塩素計Kl-202Dzは、無試薬、電極の自動連続洗浄など、操作性の向上と保守点検の容易さを追求した画期的な製品です。 白金を検知電極に、銀/塩化銀を参照電極に使用し、ポーラログラフ方式による精度の高い測定が可能です。測定範囲は0~1,0~2,0~3ppm の3種類を用意しており、使用目的に合わせて選択できます。

■残留塩素計フロー

凝集処理自動連続監視装置(フローライト)

凝集処理自動連続監視装置(フローライト)は、「凝集沈澱・急速ろ過方式」を採用している施設に対応した凝集処理状況を監視することができる装置です。
浄水処理状況(凝集・沈降性・ろ過水濁度)を30分で検出し、ろ過水への濁度漏出など浄水処理過程の危機管理、薬品使用の適正化、運転管理面での負担軽減を可能とします。

残留塩素電流滴定器

[ 高精度ポーラログラフ式 AT-?L型 ]

AT-?L型残留塩素電流滴定器は、水中の残留塩素を簡単な操作で定量 的に測定するものです。残留塩素は、遊離残留塩素と結合残留塩素とに分けて求められ、結合残留塩素は、さらにモノクロラミン(NH2Cl2)とダイクロラミン(NHCl2)に分別 測定できます。さらに残留塩素に限らずヨウ素、臭素の残留量測定も可能です。

【 特 長 】

  • 試料水の濁度色度に関係無く測定が可能。
  • 温度の影響を受けません。
  • 共存イオンの干渉を受けません。
  • 還元剤はフェニル・アルセン・オキサイドが最も安定で反応性に富んでます。
  • 他の測定法より精度が高く0.01mg/rまで測定可能。
  • 指示計にLEDを採用しているので、応答が敏感で見やすい。
  • ビーカーの脱着が容易。
  • 丈夫で操作が簡単。

水質計器の自動洗浄ストレーナ

[ IHK式自動洗浄ストレーナ ]

IHK式自動洗浄ストレーナは、原水、凝集水、沈澱水のpHや残留塩素などを正確に測定するために、計器に影響を与える懸濁物質を除去します。本装置は2台のろ過筒によって構成されています。1台のろ過筒が一定時間ろ過すると、自動的にもうひとつのろ過筒に切り替わり、ろ過を終えた筒は自動的に「表面 洗浄」「逆流洗浄」されます。こうした高度な運転を正確にこなすために空気作動弁が設けられ、すべての動作が全自動、メンテナンスフリーです。

■自動洗浄のストレーナフローシート