menu
製品/サービス PRODUCTS

上水プラント

その他の高度処理

NewIBF装置

[ 上水用生物ろ過装置 ]

浄水処理の理想的な処理法は、化学薬品処理の度合いを最小にし、自然界での自浄作用の主役である微生物による処理を活用することであると言われています。 NewIBFは、ポーラスなセラミックを生物ろ過材とした異臭味除去に特に優れた性能を有するバイオフィルターです。

【 特 長 】

  • 異臭味を効率的に除去。
    2-メチルイソボルネオール(2-MIB)ジオスミンなどの異臭味分解菌を高濃度に集積でき、効率的に除去します。NewIBFの立ち上がりを飛躍的に上げることができます。
  • アンモニア性窒素、溶解性有機物、マンガンも効率良く除去。
    エアレーションによりろ過層全体を好気性状態に保つことによりこれらを効率良く除去します。また、これらの除去により消毒用塩素添加量 が少なくなり、トリハロメタン等の有機塩素化合物の生成量を低減できます。
  • 凝集剤無注入で処理可能。
    NewIBFと膜処理(限外ろ過/精密ろ過)、あるいは既設緩速ろ過処理等の組み合わせ処理により、硫酸アルミニウム等の凝集剤の注入なしで処理が可能です。
  • 洗浄排水も少なく運転が容易。
    ろ過抵抗が小さく、洗浄頻度が少なくてすみます。 (数日に1回程度)

■構造図

ハニコーム式生物処理法

生物処理方式の浸漬ろ床方式(ハニコーム式)に分類されるもので、微生物をハニコームチューブに付着繁殖させて水中のアンモニア性窒素などを生物的に酸化除去するものです。 ハニコームチューブは、0.1mm程度の厚みを持ったポリ塩化ビニール性の板を蜂の巣状に成形、集合させたもので、その直径は13~50mmのものがあります。槽の円筒中心から連続曝気を行って循環水流を起こさせると同時に、微生物に酸素を供給させる方法が一般 的です。この方式は、構造が簡単で接触槽内に駆動部がないため維持管理が容易です。一般 的にはまず生物処理を行った後に凝集沈澱、急速ろ過処理されます。上水道での除去対象物は、藻類、アンモニア性窒素、臭気、鉄、マンガン等です。

■ハニコームチューブ

■ハニコーム式生物処理法(下図は中心連続曝気型)