menu
製品情報

環境プラント

灰溶融炉(電気抵抗式)

JFE電気抵抗式灰溶融炉

JFE電気抵抗式灰溶融炉は焼却灰を1,500℃の高温で溶融して資源利用可能なスラグとメタルに変え、最終処分場への負荷を軽減します。
炉内に設けた電極間に交流電圧をかけることで灰自体が抵抗体となって電気抵抗熱が発生し、安定的で穏やかな溶融が行えます。加えて、炉底部に高さを変えた排出口を設けることで、スラグとメタルが比重分離して排出されるため、きわめて良質なスラグを得ることができます。さらに溶融炉を出たガスは還元雰囲気にあるため、有害ガスの生成が抑えられ、また灰に含まれる重金属もほとんどが溶融飛灰として捉えられ、資源として回収できることが特長です。

実績例

塩原クリーンセンター(那須地区広域行政事務組合)
名称
那須塩原クリーンセンター
能力(灰溶融)
14t/日(14t/日×1炉)
竣工年月
2009年5月
那覇・南風原クリーンセンター
名称
那覇・南風原クリーンセンター
能力(灰溶融)
52t/日(26t/日×2炉)
竣工年月
2006年3月
横浜市環境事業局金沢工場
名称
横浜市資源循環局金沢工場
能力(灰溶融)
60t/日(60t/日×1炉)
竣工年月
2001年3月

構造図

構造図