menu
製品情報

環境プラント

JFEストーカ式焼却プラント

ごみを最大限に活用し、エネルギーを創出

自社開発の高効率燃焼システムにより、大幅な環境負荷軽減と高い廃熱回収を可能にしました。全国170施設以上という豊富な建設実績と経験に基づく独自のエネルギー回収技術を確立し、お客様から高い評価を頂いております。

高温空気燃焼技術

火炎の安定維持と低CO濃度・低NOxの理想的な燃焼が可能
高温空気ノズル近傍での火炎の形態

世界で初めて高温空気燃焼技術をごみ焼却プラントに適用し、さらに排ガス再循環技術と組み合わせることで、安定した低空気比燃焼を実現します。(日本燃焼学会技術賞受賞)
安定した低空気比燃焼により、排ガス中の一酸化炭素・窒素酸化物といった有害物質の発生を抑制し、さらに排ガス量が減少させることで熱損失を大幅に低減し、廃熱回収効率の向上を図ります。

二回流ガス流れ炉

一酸化炭素等の未燃ガスを完全燃焼、ダイオキシン類とNOxを低レベルに同時抑制
炉内図

燃焼室内に設けた中間天井で未燃ガスと燃焼ガスを二分し、ガス混合室で正面衝突させて混合攪拌燃焼します。これにより、未燃ガスが完全燃焼し、排ガス中のダイオキシン類や一酸化炭素・窒素酸化物を低濃度に抑制します。

ハイパー火格子

優れた攪拌能力で高い安定燃焼性を実現

火格子は、可動火格子と固定火格子を交互かつ水平に配置します。
各火格子はゴミの流れる方向に上向きに取り付けられており、可動火格子が固定火格子の上を往復運動することでごみの送りと攪拌、燃焼用空気の通気を効果的に行えるようにしています。

実績例

東大阪 工場棟 南西側外観
名称
東大阪都市清掃施設組合 第五工場
処理能力
ストーカ式焼却炉 400t/日(200t/日×2炉)、
粗大ごみ処理施設50t/日
竣工年月
2017年4月
熊本新西部環境工場 外観
名称
熊本新西部環境工場
処理能力
ストーカ式焼却炉 280t/日(140t/日×2炉)
竣工年月
2016年2月
練馬清掃工場 外観
名称
練馬清掃工場
処理能力
ストーカ式焼却炉 500t/日(250t/日×2炉)
竣工年月
2015年11月