menu
製品情報

パイプライン

パイプラインの施工技術

JFE Rapid工法

JFE-RAPID工法はJFEエンジニアリングが提供する弧状削進工法で、石油ガス田掘削などで方向を自由に制御して傾斜孔の削進を可能としている方位掘りの技術を活用しています。 最初にパイロット管の先端にドリルヘッドを装着して、立抗を構築することなしに、地上から斜めに削進し、河川などの障害物の下を滑らかな曲線軌道で孔を掘り、その中に所定口径の鋼管を引込みます。ドリルヘッドの削進方向を制御し、意図した線形にパイプラインを敷設します。立坑が不要で、長距離のパイプラインの敷設が短期間で施工可能なため、工事費の低減が図れます。

施工手順

STEP 1  パイロット孔削進

パイロット管の先にはドリルヘッドが装着され、泥水のジェット噴射により土を掘削します。パイロット管は削進機(リグ)により送りだされます。削進中のドリルヘッド位置は二系統の位置センサーによって監視し、リグによって方向を制御し、計画路線通りに削進します。

STEP 2  リーミング(拡孔)

パイロット孔貫通後、発進側にてリーマーを取り付け、リグにて回転させながら到達側に押し込みリーミングを行います。リーミングにより形成された孔は高濃度の泥水を充満して保持します。

STEP 3  長尺管引込み

リーミング終了後、長尺管(本工事の場合二重管である)接続ヤードにて引込みパイプにスイベルジョイントおよび長尺管を接続し、リグにより発進側に引込みます。

ノーブロー工法

テクノロジーの概要

中圧ガス導管の分岐・遮断工事をガスの流れを確保したまま減圧せずに安全に行なう配管施工法です。さらに当社は、中圧導管で培った豊富な実績をベースに、高圧ガス導管へ適用可能な高圧ノーブロー工法を開発しております。

ノーブロー工法の特長

  • 減圧せずに分岐・遮断が可能です。従って、ガバナーでの制圧が不要となります。
  • 本管の流れを確保したままで施工ができます。
  • 施工時期・時間の制約を受けません。
  • 全国のガス会社様で年間200件以上の実績があります。

※本工法は東京ガス(株)殿とJFEエンジニアリング(株)との共同開発品です。

300A同径遮断継手の穿孔作業

300A同径分岐継手の穿孔作業

施工手順(分岐遮断工法の例)

Step1.

継手取付

Step2.

新設管接続

Step3.

穿孔

Step4.

遮断

Step5.

切断・キャップ

Step6.

完成

中圧ノーブロー工法の適用口径

適 応 圧 力
中      圧
(1MPa未満)
工法
分岐管
口径(A)
(D2)
本 管 口 径 (A)
(D1)
100
150
200
250
300
400
500
600
650
700
同径分岐・遮断工法
径分岐・遮断工法
100
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
150
-
-
-
-
-
-
-
-
-
200
-
-
-
-
-
-
-
-
-
300
-
-
-
○※1
-
-
-
-
-
400
-
-
-
-
-
-
-
-
-
異径分岐工法
異径分岐工法
100
-
150
-
-
200
-
-
-
300
-
-
-
-
-
400
-
-
-
-
-
-
同径遮断工法
同径遮断工法
-
-
-
-
-
-
分岐管遮断工法
(アウトレットストッパー工法)
分岐管遮断工法(アウトレットストッパー工法)
-
-
-
-
-
-

※1)特殊スペーサーを使用して、300A用のフィッティングを250Aに適用可能です。
※2)高圧ノーブロー工法については、別途ご相談下さい。

パイプライン自動溶接技術

進化し続ける溶接技術

パイプラインMAG自動溶接工法(MAX-Ⅱ)

自動化レベルを高めて溶接の脱技量化を図った、管径 400A以上の自動溶接装置です。

MAX-Ⅱ工法の特長

  1. MAG溶接法による高能率、高品質の溶接が可能
  2. 溶接ヘッドは小型(高さ200mm)・軽量(重さ16.5kg)
  3. あらかじめプログラムされた溶接データと、アークセンサーによる開先倣いの組み合わせによりスタートから最終層までの連続運転が可能。

自動超音波探傷システム(NAIScan)

自動超音波探傷システム(テクノロジーの概要)

超音波探傷を行ったすべてのデータを記録保存、再現できる自動超音波装置です。

NAIScanの特長

  1. すべての探傷データの保存、再現が可能で記録性に優れています。
  2. 高速探傷、探傷結果の画像表示、自動判別支援システム等により、高性能で正確な探傷が可能です。
  3. 探傷結果を画像化表示し、傷の有無、位置、大きさを用意に検出できます。
  4. 極厚版(100mm)溶接部の高速探傷が可能です。
  5. ガス事業法による導管の超音波自動探傷に適用が可能です。
  6. 日本ガス協会「ガス導管円周溶接部の超音波自動探傷方法」の装置性能基準を満たしております。

中圧導管溶接部のワンタッチ診断技術

中圧ガス導管の配管円周溶接部の検査は、X線による抜き取り検査が主流です。 溶接部の品質確保の観点から、近年、抜き取り率のアップを検討するガス事業者が増えていますが、検査箇所数の増加はガス導管の建設コスト上昇につながるため、低コストの簡易検査法の要望が強くなっております。 JFEエンジニアリングは中圧ガス導管の継手部に対する新たな診断手法を提案します。

概要

・円周溶接部の簡易検査(重大欠陥の有無をチェック)
・超音波探傷法を利用
・適用対象:中圧ガス導管(150A~400A)円周溶接部
・検出欠陥:重大欠陥(IP、LF)
・専門技術者以外でも操作、判定が可能
・安価な装置

装置

・小型探傷器と探触子走査冶具で構成
・欠陥検出時にはアラームで警告
・欠陥検出条件は信号検出位置、エコーの高さで設定
・探触子走査はマグネット式冶具による手動走査


検査方法

・探触子の管軸方向位置を固定(周方向にのみ走査)
・欠陥識別は信号検出位置とエコー高さで実施
・欠陥信号の出現予想位置を監視範囲に設定
・エコー高さが既定の閾値を越える信号を検出
・溶接部の両側から計測

検査要領

①諸条件の設定
管径、板厚に応じた値を設定、探触子位置を定める。
②探触子走査
円周溶接部の脇に走査冶具をセット、円方向に一周走査する。
(溶接部の両側で計測⇒合計2周走査)

自走式X線装置ビーグル200

自走式X線装置ビーグル200の特長

  1. 小型軽量(本体重量 約30kg)。
  2. 各種管径(600~900mm)に適用可能です。
  3. エルボ通過が可能です。(1.5DR90°)
  4. 垂直昇降が可能です。

地下埋設物の位置探査(地中探査レーダー)

テクノロジーの概要

地中探査レーダは電磁波をアンテナから地中に向けて放射し、土と電気的性質の異なる物質(埋設管、空洞等)から反射波を受信して、到達時間から埋設物の位置と深さを確認します。 既設配管の位置探査及び新設配管予定路線の事前調査に最適です。

地下埋設物の位置探査(地中探査レーダー)の特長

  1. 埋設物の位置関係を立体的にとらえ、複数のものを同時に探査できます。
  2. 鋼管、鋳鉄管の金属管はもとよりコンクリート管、塩化ビニル管、ポリエチレン管などの非金属管でも探査できます。
  3. 土質探査として石や岩の分布状況、遺跡の探査、舗装面下の空洞調査にも応用できます。
  4. 埋設物の周辺にガードレール、フェンス等があっても誤測定となる電気的な影響は受けません。
  5. 埋設物に非接触で探査できるので埋設物管理者の立会いを要せず、独自に調査を実施できます。

適用対象

アスファルト塗装駐車場

コンクリート床版裏面状況(鉄筋あり)、空洞部分および埋設管部分

空洞状況(裏面空洞化による境界面の多重反射映像部分)

適用対象

ガス管、上下水道、電力ケーブル管、道路下の空洞、遺跡探査等A