menu
製品情報

発電プラント

地熱発電システム

わが国の地熱エネルギーは、世界有数の豊富な資源分布が確認されている再生可能エネルギーとして、積極的な活用が大いに期待されています。 JFEエンジニアリングは、1966年に稼動したわが国初の地熱発電所で配管システムの設計・施工を担当して以来、国内の地熱発電所全18箇所中、9箇所、更に海外ではインドネシアおよびケニアでの地熱発電所に実績を有しています。独自開発による高性能サイクロンセパレータ(気水分離装置)などの蒸気生産設備から、2010年より販売開始したバイナリー発電設備までの「地熱発電一貫システム」を提供し、新たな安定電源かつ純国産の再生可能エネルギーとして地熱発電を推進しています。

実績例

蒸気生産設備

▲蒸気生産設備

受入バース

▲生産井設備

気水分離設備

▲気水分離設備

地熱余剰蒸気用熱交換設備

▲地熱余剰蒸気用熱交換設備

JFE地熱発電一貫システム

JFEエンジニアリングは、サイレンサ、セパレータおよび蒸気・熱水輸送パイプラインなどから成る蒸気生産設備、熱水還元設備、さらに蒸気と熱水ともに利用できるバイナリー発電設備までの、地熱発電システムをトータルに提供しています。

地熱発電フロー図

バイナリー発電

バイナリー発電は、従来のフラッシュ式発電に必要な蒸気(200℃以上)に比較して、低温域(100℃以上)の蒸気・熱水を利用して、沸点が水より低い媒体を気化させてタービンを回す方式です。 JFEエンジニアリングは、2010年に米国オーマット社と地熱バイナリー発電設備の業務協定を締結しました。このバイナリー発電設備は、世界最高クラスの発電効率と信頼性を誇り、世界中に120万kW以上の豊富な納入実績を有しています。単機出力250kWから15,000kW級と、幅広い出力への対応が可能です。

地熱発電フロー図

新たな取組み『地熱発電事業』

岩手県八幡平で発電事業会社『岩手地熱㈱』設立(2011年10月)
参加会社 JFEエンジニアリング㈱、日本重化学工業㈱、地熱エンジニアリング㈱
協力 八幡平市
規模 3,500~7,000kW、 2015年度事業開始予定
八幡平市現地での噴気試験の様子(2006~2008年NEDO地熱開発促進調査)

八幡平市現地での噴気試験の様子(2006~2008年NEDO地熱開発促進調査)

新たな取組み『温泉発電』

温泉発電の早期事業化に注力
バイナリー発電設備の提携先米国オーマット社は、2001年稼動の温泉発電の実績があり、JFEエンジニアリングは、この温泉発電システムを日本国内で早期に普及させることを目指しています。 2012年1月に、「環境省 平成23年度再生可能エネルギー事業のための緊急検討委託業務(福島県福島市土湯温泉町)」を、湯遊つちゆ温泉協同組合の共同実施者として受託し、温泉発電の調査および事業化検討を実施しています。

八幡平市現地での噴気試験の様子(2006~2008年NEDO地熱開発促進調査)

↑土湯温泉の源泉   土湯温泉町→

(土湯温泉観光協会のホームページより)