menu
製品情報

スマートアグリ

生産プラント

日本の農業は、TPPに代表される貿易自由化や農業従事者の減少、耕作放棄地の増加など、さまざまな課題を抱えており、大規模化や生産効率の向上が求められています。
当社は、これまでに培ったエネルギーや環境分野におけるエンジニアリング技術や、新規投資による農業生産事業で養われた独自栽培ノウハウを駆使して、その地域に最適な農業ビジネスモデルを提案いたします。

スマートアグリシステム

JFEエンジニアリングのスマートアグリプラントは、オランダ型の高度栽培制御システムに、当社の保有する様々なエネルギー利用技術を組み合わせ、高収穫・高品質の農産物栽培を実現したものです。地域の気象条件に応じて植物の育成に最適な温室内環境を創り出すとともに、その地域に最適なエネルギー源を活用し、多様な作物を通年で効率的に栽培することを可能にしています。

高度栽培制御システム

高度栽培制御システムとは、温室外の天候データや温室内の環境データを常時モニタリングし、栽培種に応じて温室内の環境を常に最適に保つよう自動制御するシステムです。環境を最適化することにより、植物の光合成を最大化し生産性を向上させることが可能となります。

エネルギー利用技術

当社の様々なエネルギー利用技術により、その地域に最適なエネルギー源を活用することが可能となります。天然ガスを燃料に、ガスエンジンから発生する「電気」、「熱」さらには排出する「CO2」まで利用するガスエンジントリジェネレーションシステム、木質チップを燃料とする「バイオマスボイラ」では熱に加えて、排出された燃焼ガスを浄化し、得られたCO2を温室内に供給しています。温泉熱利用では、得られる温水の温度に応じてヒートポンプで昇温し、安価な熱源として利用可能です。

紹介映像

生産事業

苫小牧スマートアグリ生産プラント

JFEエンジニアリングの関連会社である(株)Jファーム※2の苫小牧工場では、2014年8月より生産事業を開始しています。
2015年12月には第三工場を稼動し、トマトとベビーリーフの他、マンゴーなどの南国フルーツの栽培を行っています。

※2: (株)アド・ワン・ファーム(本社:札幌中央区、社長:宮本有也)とJFEエンジニアリングが共同出資して設立した農業生産法人です。
(株)Jファームウェブサイトはこちら
(株)Jファームウェブサイト

施設概要

敷地面積
62,784m2
施設面積
28,592m2
温室構造
ダッチライト型 鋼製パイプ造
樹脂フィルム張
栽培品目
トマト、リーフ、南国フルーツ
環境制御装置
Priva社Connext
栽培方式
トマト:ロックウール型養液栽培、特殊フィルムによる養液栽培
リーフ:NFT養液栽培
南国フルーツ:養液土耕栽培
ガスエンジン
JFE-Waukesha製 230kW(電気)、350kW(熱)、140kg/h(CO2
バイオマスボイラ
300kW(熱)、150kg/h(CO2
温泉熱
263kW(熱)

設備紹介

第1工場第一工場 外観
第3工場第三工場 外観
リーフ栽培ベッドリーフ栽培ベッド
トマト栽培ベッドトマト栽培ベッド
ガスエンジン・トリジェネレーションシステムガスエンジン・トリジェネレーションシステム
統合環境制御装置・トマトかん水装置統合環境制御装置・トマトかん水装置
温泉櫓温泉櫓
コントロールルームコントロールルーム

生産品

トマトトマト
ベビーリーフベビーリーフ
(株)Jファームウェブサイトはこちら