menu
ニュース

2019年

AnyTech株式会社の全株式取得について 
~世界初の水質※1判定動画AIを活用した新たな事業領域を創出~

2019年10月3日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、このたび、AnyTech株式会社(社長:島本佳紀、本社:東京都文京区、以下、「AnyTech」)の全株式を取得しました。

 AnyTechは、流体力学の知見を活かし独自開発した水質判定AI「DeepLiquid」を有するスタートアップ企業です。「DeepLiquid」は、監視カメラとAIを用いた動画解析による水質の異常検知を即時可能とした世界初の技術です。
 AnyTechはすでに、「DeepLiquid」によるソリューション事業を水処理施設、バイオ医薬品・化粧品・飲料製造工場、自動車関連企業といった幅広い業種の企業に提供し、高い評価を得ています。

 現在主流であるセンサーや人による水質の監視は、異常発見までに時間を要しコストも高いだけでなく、精度も不安定なケースがあります。監視業務に「DeepLiquid」を導入することで、水質監視の精度を高め、水質異常に起因するプラントの操業停止や水質汚染の拡散などのトラブルを減少させます。

 当社は、AnyTechとのコラボレーションにより、ESP事業※2とAIによる水質判定を組み合わせるなど、当社既存事業領域のアセットを活用した新規事業を創出します。
 なお、当社はこのたびAnyTechのような革新的な技術を有するスタートアップ企業やベンチャー企業を全面的に支援する体制も整えました。本件を皮切りに、全く新しいビジネスモデルを構築してまいります。

※1 水質:ここでは流動体、液体の総称
※2 ESP(Energy Service Provider):企業の熱・電気の供給などエネルギー関連業務を一括して請け負う事業


■AnyTech株式会社概要

(1) 名称    :AnyTech株式会社
(2) 本社所在地 :東京都文京区本郷二丁目25番5号
(3) 設立年月日 :2015年6月5日
(4) 代表取締役 :島本佳紀
(5) ビジョン :世界中の流体データを集積し、AIで地球の健康を守る
(6) 事業内容 :AIエンジンの開発及び企業向けシステムの提供
(7) 所属団体 :一般社団法人 日本ディープラーニング協会 正会員
(8) 主な受賞歴  
   2016年  IBM AI開発コンテスト『Watsonハッカソン』アプリ賞
   2017年  AI特化アクセラレータ『AI.Accelerator』選抜
   2018年  香港拠点 AI特化アクセラレータ『Zeroth』選抜
   2018年  川崎市 研究開発ベンチャー特化アクセラレータ
       『Kawasaki ZENTECH Accelerator』 選抜
   2019年 東京都 起業家世界展開プログラム『X-HUB TOKYO』選抜
   2019年  一般社団法人『日本ディープラーニング協会』正会員選抜
   2019年 『IVS LaunchPad』準優勝


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室