menu
ニュース

2018年

島根県出雲市より次期可燃ごみ処理施設を受注

2018年10月10日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)はこのたび、島根県出雲市より「出雲市次期可燃ごみ処理施設建設運営事業」を受注しました。

 本事業は、出雲市が新設する可燃ごみ処理施設のストーカ方式焼却炉(100t/日×2炉)の設計・施工と、20年間の施設運営を当社がDBO方式により一括で請け負うものです。

 新しい施設は、超高温高圧ボイラの採用により、同規模施設の中では国内最高レベルとなる発電効率25.6%を実現します。
 また、当社独自の燃焼方式である「対向流空気吹き込み」技術※1も採用しており、安定した燃焼を実現できるだけでなく、幅広いごみ質に対応します。
 更に、当社横浜本社内の「グローバルリモートセンター」※2より、プラントの運転監視・操業支援を行います。最適運転の支援を行うことで、より一層安全で質の高い施設運営が可能となります。
 これらに加え、近年の大規模災害の経験に基づき、災害時においても自立運転が可能な強靭な施設として、地域の防災機能の保持に貢献します。

 当社はこれからも廃棄物発電プラントのリーディングカンパニーとして、循環型社会の形成及び環境保全への貢献を目指し、お客様のニーズに合わせた最適な技術を提供して参ります。


※1 一般社団法人日本産業機械工業会主催の第44回優秀環境装置表彰で「経済産業大臣賞」を受賞
 http://www.jfe-eng.co.jp/news/2018/20180625103024.html参照

※2 グローバルリモートセンター
 http://www.jfe-eng.co.jp/news/2018/20180316081233.html参照

■本事業の概要

1. 発 注 者:出雲市
2. 受 注 者:(代表企業) JFEエンジニアリング株式会社
      (構 成 員) JFE環境サービス株式会社
      (協力企業) 福田組・今岡工業特定建設工事共同企業体
3. 事 業 名:出雲市次期可燃ごみ処理施設建設運営事業
4. 建設場所:島根県出雲市古志町地内
5. 事業内容:ストーカ方式焼却炉100t/日×2炉の設計・施工と20年間の施設運営事業
6. 受注金額:250億8000万円 (税抜き)
7. 工事期間:2018年9月~2022年3月
8. 運営期間:2022年4月~2042年3月


■施設完成予想イメージ図


以上

お問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室