menu
ニュース

2018年

扇島都市ガス供給(株)より都市ガス供給設備建設工事を受注

2018年3月15日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、扇島都市ガス供給株式会社(社長:久米俊郎、本社:神奈川県川崎市、以下「OCGS」)より、都市ガス製造・供給設備の建設工事一式を受注しました。

 OCGSは、2017年10月に東京電力フュエル&パワー株式会社(以下「東電FP」)、JXTGエネルギー株式会社(以下「JXTG」)、大阪ガス株式会社の3社が出資し設立された、都市ガスの製造や供給を行う新会社です。OCGSは川崎市扇島地区に都市ガス製造・供給設備を建設し、2020年4月からの商業運転を計画しています。

 今回当社が受注した設備は、天然ガスと液化石油ガス(以下「LPG」)を原料として都市ガスを製造するための熱量調整設備(以下「熱調設備」)のほか、JXTGのガスターミナルから熱調設備までを結びLPGを受け入れる配管と、製造された都市ガスを既存の都市ガスネットワークに供給する導管から構成されます。OCGSはこれらの設備により、建設地に隣接する東電FPのLNG基地から供給される天然ガスを使用した都市ガス製造・供給事業が可能になります。

 今回の設備には、新開発の液ガス式熱量調整装置「AtoMS」が採用されました。従来の技術ではガスの流量変動に対応するために、大流量用と小流量用の2つの熱調装置を組み合わせる必要がありました。「AtoMS」ではターンダウン比(最大運転流量/最小運転流量)を大きく取ることができるため、1つの装置で広範囲な流量変動への対応が可能となりました。これにより設置面積の縮小と運用面での利便性の向上を実現しました。

 当社はこれまで、多数の都市ガス・天然ガス関連設備を電力・ガス・石油資源会社向けに納入してまいりました。今後も豊富な実績と技術力をもってお客様のニーズに応えてまいります。

【工事概要】
発 注 者:扇島都市ガス供給株式会社(略称:OCGS)
案 件 名:扇島都市ガス供給設備建設工事
商業運転:2020年4月
工事内容:熱調設備、LPG受入配管、都市ガス導管
製造能力:270t/h(都市ガス 13A)
契約内容:設計・調達・建設一括請負工事契約(EPCフルターンキー)


【建設予定地】


(図:扇島都市ガス供給株式会社提供図を元に作成)


以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953