menu
ニュース

2017年

地域新電力事業に係る包括連携協定式を開催
~再エネ普及による持続可能な社会の実現に向けて~

2017年11月13日
所沢市
JFEエンジニアリング株式会社
飯能信用金庫
所沢商工会議所

 

 埼玉県所沢市(市長:藤本正人)とJFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)、飯能信用金庫(理事長:大野孝男、本社:埼玉県飯能市)、所沢商工会議所(会頭:本橋孝義)は、再生可能エネルギーの普及促進を目指す地域新電力の設立に向け検討を開始することを本日合意し、「再エネ普及に向けた地域新電力事業に係る包括連携協定式」を開催しました。
 今後、4者で検討を重ね、2018年度に埼玉県内初の自治体出資による新電力会社の設立を目指します。

 今回、設立に向けて検討する新会社は、地域の廃棄物発電や太陽光発電等の再生可能エネルギー発電(FIT電気含む)による電力を主な電源とします。また、地域新電力として直接市内公共施設へ電力供給を行うとともに、市内民間事業者(高圧)や市内家庭向けの電力供給を行うことを目指します。

 所沢市は、2014年に「マチごとエコタウン所沢構想」を策定し、再生可能エネルギーの普及を推進しています。JFEエンジニアリングは、100%子会社のアーバンエナジー株式会社(社長:小賀坂善久、本社:神奈川県横浜市)を通じて電力小売を行なう他、自社開発した電力需給管理システムを活かし、自治体等と連携して地域新電力を積極的に展開しています。飯能信用金庫は、財務面などから地元事業者や市民を支えて地域社会の発展に寄与し、所沢商工会議所は、地域商工業の振興を通じて所沢市内の事業者の成長を促進しています。
 4者はこうしたノウハウや地域基盤を活かし、エネルギーコストと環境負荷の低減を推進し、持続可能な地域社会の形成を目指してまいります。

※FIT電気:再生可能エネルギー固定価格買取制度の適用を受けた電気


■事業構想イメージ



■電力事業の展開方法



■記者会見時の様子


所沢市のイメージマスコット トコろんと一緒に包括連携協定式で握手する 所沢市 藤本正人市長(左から2人目)、
JFEエンジニアリング株式会社 吉田佳司代表取締役副社長(右から2人目)、
飯能信用金庫 鞆田周一常務理事(右端)、所沢商工会議所 本橋孝義会頭(左端)

以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
所沢市 環境クリーン部 環境政策課 TEL.04-2998-9133
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953
飯能信用金庫 営業推進部 TEL.042-972-8111(代)
所沢商工会議所 TEL.04-2922-2196(代)