menu
ニュース

2017年

シンガポール国で化学プラントの増強工事を受注

2017年10月6日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、このたび旭化成シンセティックラバーシンガポール社(社長:小池 達也、本社:シンガポール)より、高性能タイヤ向け原料ゴム生産設備の増強工事を受注しました。

 新興国でのモータリゼーションの進展によるタイヤ需要の拡大や、世界的なタイヤに対する環境規制の強化などを背景に、高性能タイヤは今後高い成長が見込まれています。旭化成は、高性能タイヤ向け原料ゴムの生産において、更なる需要拡大と顧客ニーズに応えた供給体制の拡充を図るため、シンガポール工場の生産能力増強を決定しました。
 
 今回当社が受注したのは、既存の原料ゴム生産プラントを増強する設備一式の建設工事です。この工事により、工場の生産能力は年産10万トンから年産13万トンに拡大します。

 当社は、40年以上に亘りインドネシアのエンジニアリング拠点では、現地のエネルギーパイプラインや日系企業の潤滑油や化学原料等を製造するプラントの設計・建設を行ってまいりました。また、マレーシアのエンジニアリング拠点では、同国内やシンガポールで日系企業の工場新設等を行なってまいりました。
 今回のプロジェクトは、これらの拠点の力を結集することで、当社の持つ高品質でコスト競争力の高いエンジニアリング力を提供するものです。

 当社は、今後も石油・化学関連をはじめとする日系企業の東南アジア進出・事業拡大をサポートしてまいります。

■受注概要

(1)発注者 :Asahi Kasei Synthetic Rubber Singapore Pte. Ltd.
(2)受注範囲:詳細設計、調達、建設、試運転助勢
(3)生産能力:年産13万トン(増強後)
(4)受注金額:非公表
(5)工期  :2017年7月~2019年1月


■旭化成シンセティックラバーシンガポール工場



■建設予定位置


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953