menu
ニュース

2017年

大井コンテナ埠頭向けコンテナクレーン2基を受注
~免震装置を搭載・大型コンテナ船に対応~

2017年7月24日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、東京港埠頭株式会社(社長:平野裕司、本社:東京都江東区、以下「東京港埠頭」)より、大井コンテナ埠頭第6バース(借受者:日本郵船株式会社)向けのコンテナクレーン2基を受注しました。 
 東京港において、当社のコンテナクレーンは中央防波堤外側地区Y1バース向け3基に続いての採用となります。

 東京港埠頭は、大型化が進むコンテナ船や増大する貨物量に対応するため、第6バース既設コンテナクレーンを撤去し、新たに大型船対応コンテナクレーンを設置します。

 大井コンテナ埠頭は羽田空港近傍に位置するため、本コンテナクレーンには航空法による高度制限をクリアする中折れ機構※1が採用されました。また、オペレーターのストレスを軽減する「振れ」に強いダブルボックス構造※2とし、震度7クラスの地震にも耐える免震装置も有しています。
 
 当社は大型免震クレーンのトップメーカーとしてお客様のニーズに沿った商品・サービスを提供し、我が国の更なる物流競争力向上に貢献してまいります。


※1 2016年1月に当社が受注した中央防波堤外側地区Y1バース向けコンテナクレーン(発注者:東京港埠頭)と同じ機構
(下図ならびに以下URL参照:http://www.jfe-eng.co.jp/news/2016/20160107081104.html
※2 ブーム(海側に張り出している構造体)が2本になっている構造。

案件概要
1.発 注 者 : 東京港埠頭株式会社
2.案 件 名 : 平成29年度大井埠頭第6バースコンテナクレーン更新工事
3.建設場所 : 東京都品川区八潮二丁目4番
4.事業内容 : コンテナクレーン2基製作据付、既設クレーン2基撤去解体工事


■中折れ方式のクレーン図(参考)



■地図


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953