menu
ニュース

2017年

テレワーク勤務制度の導入について

2017年4月13日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、このたびテレワーク※1勤務制度を導入しました。

 当社は現在、事業の拡大や新しいビジネスモデルの構築、新商品の創造のため、「Super Shape-Up」※2を推進しています。業務プロセスやツールを見直し、WEB会議システムや図面の3D化などICT技術を活用することで、デスクワークだけでなくプロジェクト現場についても工期短縮、施工効率化を図るなど、様々な施策を行っています。

 昨今、企業はグローバル化の進展や労務構成の変化等により、多様な人材の活躍を重視した柔軟な働き方が求められています。
 当社は業務プロセス改革の次のステップとして「働き方改革」を掲げ、テレワーク勤務制度を導入しました。社員一人ひとりが働き方を選択できるようになり、プロフェッショナルとして主体的、自立的に働くことで生産性の向上と、ワークライフバランスの実現による企業の成長を目指します。

 これまで当社は、朝型勤務、時差勤務、原則20時以降の残業禁止、有給休暇取得率向上などに、労使で知恵を出して取り組んできました。
 今回導入したテレワーク勤務制度は、育児や家族の介護などの理由により、離職を考えざるを得ない、あるいは働く時間に制約のある社員を対象とした在宅勤務で、仕事と家庭との両立を支援するものです。
 加えて、更なる柔軟な働き方とモバイルワークを推進するため、新横浜駅前にトライアルでサテライトオフィスを設置しました。勤務先が遠方の社員が通勤時間を短縮し、自己時間を創出できる勤務環境を整えました。

 当社は、社員の多様な働き方を推進することで、労働生産性の向上を図り、国内外のエンジニアリングサービスをより一層強化してまいります。

※1:ICTを活用した場所や時間にとらわれない働き方。
※2:当社が2014年8月より開始した業務プロセス改革。
  全社員へのスマートフォン支給によるIT化の推進や、属人的情報を部門内で
  共有化できる文書活用システムの導入等、生産性向上のための様々な取組み。


■当社の仕事と育児・介護の両立支援制度とワークライフバランス向上施策



■新横浜サテライトオフィス(写真)


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953