menu
ニュース

2017年

ミャンマー初のごみ焼却発電プラントが竣工

2017年4月10日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)がヤンゴン市で建設したごみ焼却発電プラントの竣工式典が、4月7日に現地にて執り行われました。

 式典には ピョー・ミン・テイン ヤンゴン地域首相、マウン・マウン・ソー ヤンゴン市長、在ミャンマー日本国 樋口特命全権大使、環境省 関顧問などが出席され、お祝いの言葉ともに、今後のミャンマーにおけるごみ焼却発電設備の普及について期待を寄せるとのコメントがありました。

 ヤンゴン市では現状、日量約2,500トン排出されるごみが処分場に直接埋立られており、適切な処理施設の整備が求められていると同時に、急速な経済発展にともなう電力不足解消も急務となっています。

 本施設は、ごみの適切処理、電力供給の二つの課題を同時に解決し得る先駆的施設であり、ミャンマーのみならず、その他東南アジアにとってもショーケースとなる施設です。

 また、本件は同国初のごみ焼却発電プロジェクトとしてJCMを適用しております。日量60トンの廃棄物を焼却処理し、年間約5,200MWhの発電を行うことにより、年間のエネルギー起源CO2排出量が約2,400トン削減され、日本国の温室効果ガス削減目標に寄与します。

 当社グループは今後もインフラ整備が喫緊の課題となっているミャンマー国において、橋梁や上水、下水プラントなど幅広い商品技術を提供し、同国の経済発展に貢献してまいります。

※途上国に対し、優れた技術の普及によって実現する温室効果ガス排出削減量を、日本の排出削減目標の達成に活用できる制度。

■施設概要

1.工事名称  :ヤンゴン市における廃棄物発電
2.発注者   :ミャンマー国ヤンゴン市
3.請負範囲  :一般廃棄物焼却発電施設(ストーカ炉:60t/日×1炉)設計建設
4.建設場所  :ヤンゴン市内北部シュエピーター地区
5.発電容量  :700kW


■竣工したプラント



■竣工式典の様子


テープカットに臨む出席者
中央:ピョー・ミン・テイン ヤンゴン地域首相、中央右:樋口建史在ミャンマー特命全権大使
右から2番目:関荘一郎環境省顧問、左から2番目:マウン・マウン・ソー ヤンゴン市長、
右端:吉田佳司当社代表取締役副社長 他

以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953