menu
ニュース

2017年

再生可能エネルギーおよび自治体等インフラサービス分野における共同事業実施に向けた基本合意について
~電力会社とエンジニアリング会社がインフラサービス分野で初の戦略的アライアンス~

2017年2月28日
東京電力フュエル&パワー株式会社
JFEエンジニアリング株式会社

 

 東京電力フュエル&パワー株式会社(代表取締役社長:佐野敏弘、本社:東京都千代田区、以下「東電FP」)とJFEエンジニアリング株式会社(代表取締役社長:狩野久宣、本社:東京都千代田区、以下「JFEE」)は、本日、再生可能エネルギーおよび自治体等に対するインフラサービス分野における共同事業実施に向けた基本合意書を締結しました。
 電力会社とエンジニアリング会社が、業種を超えて上下水・廃棄物処理などのインフラサービス分野で戦略的アライアンスを結ぶのは初めてのことです。

 新たな事業領域の拡大を目指す両社は、低炭素社会に向けた再生可能エネルギー市場の拡大と自治体サービス民営化の流れを視野に、昨年11月から、経営資源の相互有効活用の可能性について幅広く検討を進めてまいりました。

 両社は、東電FPが火力発電でこれまで培った事業運営・O&M※1ノウハウと、環境プラントのリーディングカンパニーであるJFEEのEPC※2・O&Mノウハウを融合し、廃棄物、下水汚泥、木質バイオマスなど低炭素資源の燃料化から発電までのバリューチェーンの構築と、上下水道などを含む自治体インフラの建設から運転・保守までを手がける事業展開を目指してまいります。

<事業化に向けた具体的な検討事項>
①廃棄物処理・リサイクル
②下水汚泥の燃料化
③バイオマス発電
④自治体等に対するインフラサービス

 両社は、既存事業の成長に留まらず、事業領域拡大によるさらなる競争力強化、企業価値向上に取り組むとともに、地球環境問題や、人口減少時代におけるインフラ維持・管理の効率化、自治体インフラの老朽化といった社会的課題の解決に貢献すべく挑戦してまいります。

※1:Operation and Maintenanceの略で、発電所等の運転管理業務、維持管理業務を行うこと。

※2:Engineering,Procurement and Constructionの略で、多種多様な機器類から構成されるプラント等について、設計から試運転まで一貫して手がける建設手法のこと。






(左から)JFEE関口専務、東電FP佐野社長、 JFEE吉田副社長、東電FP久米常務

以上

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
東京電力フュエル&パワー株式会社 経営企画室コミュニケーショングループ TEL:03-6363-6310
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL:045-505-8953