menu
ニュース

2016年

イラン国で本邦企業初の廃棄物発電のインフラ案件発掘・市場性調査を受託

2016年9月20日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:狩野久宣、本社:東京都千代田区)は、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)より、「イラン国テヘラン市における廃棄物焼却発電施設の導入」に関する「我が国企業の技術を活用したインフラ案件発掘・市場性調査」を受託しました。イラン国において本邦企業初の取組みとなります。

 現在テヘラン市では、1日あたり8,000トンを超える都市ごみが発生しており、今後の経済発展に伴い更に増加すると見られています。一方、同市では、発生した都市ごみを最終処分場で直接埋立しており、最終処分場の逼迫と環境汚染が深刻な問題となっています。

 当社は、電力不足にも悩むテヘラン市の現状を踏まえ、廃棄物発電プラントの導入を検討します。具体的には、都市ごみと、現地で深刻な課題となっている医療系廃棄物の適正処理について、現地関係者の協力を受け現状調査分析を実施します。これを元に、当社が豊富な実績を有する廃棄物発電の最適な処理プロセスの選定等を行います。
調査にあたっては、2014年に当社が買収した独スタンダードケッセル・パワーシステムズHD社傘下の廃棄物発電プラントを手掛けるバウムガルテ・ボイラ・システムズ社と協業を行ってまいります。

 当社は、経済制裁解除を受け、更なる経済発展が見込まれるイラン国において、廃棄物発電や水処理等の都市インフラ整備に貢献してまいります。


■イラン北部のごみ処理の現状(ギーラーン州)


以上

本件に関するお問合せは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953