menu
ニュース

2016年

品川区で機械式立体駐輪場「サイクルツリー」が初採用

2016年5月30日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)の機械式立体駐輪場「サイクルツリー」が東京都品川区で初採用されました。東京都品川区がJR大森駅前に整備する駐輪場に、機械式立体駐輪場「サイクルツリー」3基(自転車765台収容)が設置されます。

 JR大森駅の1日の平均乗車人数は9万人を超えており、自転車の乗入れ台数も非常に多い駅です。品川区は大森駅周辺の駐輪需要に対応でき、駅の近隣に位置する大井水神公園の利用者や周辺環境に配慮した駐輪設備の導入を検討していました。

 こうした中、限られた敷地や、地下水位の高い地盤を考慮し、当社は止水性や耐久性、耐震性の高い地下円筒型サイクルツリーを提案しました。また、通勤ラッシュ時でも利用者が自転車入庫のために待つことの無いよう、自動入庫機能※1も付与しています。こうした当社のサイクルツリー独自の機能が高く評価され、今回の採用に至りました。

 当社のサイクルツリーは、今回採用された「円筒型」だけではなく「水平型」も有しており、多様なバリエーションで収容台数ベースでNO.1の納入実績です。当社は今後も、多様化される駐輪場需要に最適なソリューションを提案し、快適なまちづくりに貢献してまいります。


※1 前の自転車が入庫中でも、自転車を入庫口にセットすることで自動入庫の状態となるもの。


■受注概要

1. 施  主 : 東京都品川区
2. 元請企業 : 淺川・鈴中 建設共同企業体
3. 収容台数 : 765台(3基)
4. 完成予定 : 2017年4月


■完成予想図



■地下円筒型サイクルツリー(同機種)


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953