menu
ニュース

2016年

名古屋市より都市環境プラントを受注
~既存建屋を全て再利用するプラント更新工事~

2016年5月9日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:狩野久宣、本社:東京都千代田区)はこのたび、名古屋市より「名古屋市富田工場焼却設備更新工事」を受注しました。
本工事は、休止中の富田工場の既存建屋を再利用し、ストーカ方式焼却炉(150t/d×3炉)一式の設備更新※を行うものです。

 当社は、高温空気吹き込み、低空気比燃焼などの高度燃焼技術と、高温高圧ボイラの採用により、発電能力を大幅に増加する提案を行いました(6,000kWから10,000kW)。また、排ガス中の塩化水素(HCl)・硫黄酸化物(SOx)を経済的に低減できる処理技術を採用しています。これらが高く評価され受注に至りました。

 昨今、公共資産のアセットマネジメントが注目を集めています。本工事は、環境省の循環型社会形成推進交付金の適用対象となるエネルギー回収型廃棄物処理施設であり、既存建屋を壊さずにそのまま利用して、内部のプラントのみを更新します。

 当社は、今後も都市環境プラントのリーディングカンパニーとして、自治体の財政負担軽減や地球環境の保全に貢献してまいります。

※:既設プラント解体撤去工事は市が別途発注。当社受注範囲外。



【工事概要】

1. 発注者 :名古屋市
2. 受注者 :JFEエンジニアリング株式会社
3. 事業名 :名古屋市富田工場焼却設備更新工事
4. 建設場所:名古屋市中川区吉津四丁目3208番地
5. 工事内容:ごみ焼却施設設備更新(全連続式ストーカ炉 150t/日×3炉)
6. 受注金額:167億円(税抜き)
7. 工事期間:2016年3月8日~2020年6月30日


【名古屋市富田工場】(竣工当時)


以上

お問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-1374