menu
ニュース

2016年

東京港新ターミナル向けコンテナクレーン3基を受注
~羽田空港の高度制限に対応、2017年11月供用開始予定~

2016年1月7日
JFEエンジニアリング株式会社

 

JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣、以降当社)はこのたび、東京港埠頭株式会社(本社:東京都江東区、社長:平野裕司、以降東京港埠頭)より、中央防波堤外側地区Y1バース向けのコンテナクレーンを受注しました。

 東京港は、国内最大のコンテナ取扱量を誇る国際貿易港湾です。
 東京港埠頭は、更なる物流サービスの向上、国際競争力の強化の為、新しく中央防波堤外側地区にコンテナ埠頭Y1バースを整備しており、同バースには、3基のコンテナクレーンが設置されます。

 Y1バースは羽田空港対岸に位置し、航空法による高さ制限を受ける為、本クレーンにはこの条件をクリアする中折れ機構が採用されました。
 さらに、クレーンにはモニタリングシステム機能を搭載しており、実際の荷役状況を当社横浜本社で監視し、メンテナンスや点検に役立てます。

 当社は、国内最大コンテナクレーンの納入実績等を背景に、高度な技術力と顧客目線のサービス提供を通じて、我が国の更なる物流競争力強化に貢献してまいります。

案件概要
1.発 注 者 : 東京港埠頭株式会社
2.受 注 者 : JFEエンジニアリング株式会社
3.案 件 名 : 平成27年度中防外コンテナ埠頭Y1バース コンテナクレーン製作工事
4.建設場所 : 東京都江東区青海三丁目地先 中央防波堤外側埋立地
5.事業内容 : コンテナクレーン製作据付 3基


■建設地




■製作コンテナクレーン概要図


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953