menu
ニュース

2015年

JFEバラストエース® USCG型式承認試験で汽水試験に合格

2015年11月17日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)のバラスト水※1処理装置「JFEバラストエース®」が、アメリカ沿岸警備隊(以下USCG)型式承認試験のうち、汽水域での陸上試験に合格しました。

 バラスト水処理規制については、2004年に国際海事機関(IMO)が管理条約を採択し、まもなく発効要件を満たす見通しです。一方で、USCGがさらに厳しいバラスト水処理規制を打ち出しており、北米に就航する船舶は、USCGの基準を満たす試験に合格した装置を搭載することが義務付けられています。しかし、現時点ではUSCGの型式承認試験に合格し、承認を受けている装置はありません。

 当社は昨年よりUSCG指定の独立認定試験機関(NSFインターナショナル)※2において、USCGの型式承認試験に取り組み、汽水域での陸上試験に合格しました。引き続き、淡水、海水での陸上試験、さらにカナダ船主FEDNAV社※3の協力のもと、船上試験を実施し、これら全ての試験をクリアすることで、汽水、淡水、海水全ての水域で使用できる装置として、来年中にUSCGによる型式承認を取得する予定です。

 当社は安全かつ確実に処理基準を達成するバラスト水処理システムをご提案し、世界の海洋生態系の保全に貢献してまいります。


※1:バラスト水(Ballast Water)とは、船舶のバラスト(ballast:底荷、船底に積む重し)として用いられる水のこと。貨物を積載する港で船外へ排出されるが、含まれている水生生物が外来種として生態系に影響を与えることが問題となっている。

※2:現在USCGが指定する独立認定試験機関(Independent Laboratory)は世界で5つあり、米国の試験機関はNSFインターナショナルのみ。NSFインターナショナルは世界で初めてUSCGから指定を受けた試験機関。

※3:当社2015年6月1日リリース「JFEバラストエース 北米航路就航船に採用~カナダ最大船主FEDNAV社より12隻分受注~」参照  
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2015/20150601084819.html


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ TEL.045-505-8953