menu
ニュース

2015年

JFEバラストエース 北米航路就航船に採用
~カナダ最大船主FEDNAV社より12隻分受注~

2015年6月1日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)はこの度、FEDNAV LIMITED社(本社:Canada, Montreal、社長:Paul Pathy、以下FEDNAV社)より、同社が2016年までに建造する新造船12隻へ搭載するバラスト水処理装置を受注致しましたので、お知らせします。

 バラスト水規制については、2004年に国際海事機関(IMO)が管理条約を採択し、まもなく発効要件を満たす見通しです。当社のバラスト水処理装置「JFEバラストエース」は、2010年にIMOの型式承認を取得し、これまでに700を超える採用実績を有しています。

 一方、アメリカ沿岸警備隊(USCG)は、さらに厳しいバラスト水規制を打ち出しており、北米に就航する船は、その基準を満たした処理装置の搭載を義務付けられています。しかし、現時点ではUSCGが型式承認した装置はなく、IMOの基準を満たす装置を搭載した船舶について5年間の就航を認められています。当社は、USCGの型式承認申請を進めており、本年6月より陸上試験を実施し、その後今年度中に船上試験を開始する予定です。

 FEDNAV社はカナダ最大の船主で、USCG規制下にある北米五大湖に主要航路を持っています。このため、同社は早い段階からバラスト水処理について独自に調査し、性能評価を重ねてきました。その結果、当社JFEバラストエースの性能が高く評価され、2016年までに同社で建造する新造船への搭載が決定されました。また、既存保有船への搭載も検討されています。

 当社はUSCG規制に対する当社バラスト水処理装置の有効性を、FEDNAV社の協力を得て実証し、北米航路を有する世界の船主への採用提案を推進してまいります。

 当社は今後もあらゆる船種・船型・航路に最適なバラスト水処理システムをご提案し、世界の海洋生態系の保全に貢献してまいります。


■受注概要


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953