menu
ニュース

2015年

福島県汚泥乾燥施設建設工事完了・運転管理を開始

2015年5月11日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:狩野 久宣、本社:東京都千代田区)は、昨年3月に日本下水道事業団より受注し建設を進めてきた「県北浄化センター汚泥乾燥施設建設工事」を完工し、福島県から受託した同施設の運転管理業務を本年4月より開始しましたので、お知らせします。

 今回の受託業務で当社は、放射性物質が検出されたため、やむをえず福島県県北浄化センター内に長期保管されている放射性濃度8,000ベクレル/kg以下の脱水後の下水汚泥約25,000tを乾燥処理し、約7,000tにまで減容化し、容器に封入して次の処理を行う飯館村の施設に搬出できる状態にします。

 この業務で当社は、搬出される下水汚泥の安全性を確保するため、運転期間中一貫して汚泥の放射性物質の挙動調査を行い、放射線管理に万全を期します。また、運転開始より施設の解体終了まで作業環境の空間線量率、空気中放射能濃度、作業員被曝量を測定し、施設と周辺の環境についても厳密な管理を行います。

 当社はこれまで、数多くの下水汚泥処理プラント施設の設計・建設および運転管理を行っており、これまで培ってきた豊富な経験・ノウハウを基に安全・円滑・迅速に業務を進めてまいります。今後もグループ総力を挙げて、被災地の早期復興に貢献してまいります。





❑脱水汚泥乾燥処理プラント


以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部 広報室 TEL.045-505-8953