menu
ニュース

2015年

J&Mスチールソリューションズ 工場設備を拡張
~年産1万トンから2万トン体制へ~

2015年2月26日
JFEエンジニアリング株式会社
J&Mスチールソリューションズ株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)がミャンマー国建設省との合弁により設立した、J&Mスチールソリューションズ株式会社(本社:ミャンマー国ヤンゴン市、社長:庄司康男)は、ヤンゴン市タケタ地区の鋼構造物製作工場の拡張を機関決定いたしましたので、お知らせします。

 J&Mスチールソリューションズは、急成長するミャンマー国のインフラ整備を担うべく、2014年4月に鋼橋などを製作する工場を稼働し、同国内の道路橋や鉄道橋を受注してきました。これらに加え、JFEエンジニアリングが請け負ったミャンマー国外案件の橋梁ブロック製作を担当するなど、工場はフル稼働の状態となっています。
 こうした中、J&Mスチールソリューションズは今後の需要増加を見込んで、2016年3月末までに工場の生産能力を年産1万トンから2万トンに拡大することにしました。

 今回の工場拡張プロジェクトは、用地を32,000㎡から65,000㎡に倍増し、屋外の部材保管および仮組立を行う場所を拡大します。同時に用地内の建屋を8,000㎡から12,000㎡に増築し、屋内外のクレーンや橋梁ブロック製作の各工程の設備を増設します。
 また、日本仕様の防錆、防食を施すことができる塗装設備を導入し、JFEエンジニアリングの海外生産拠点として、高仕様のODA案件の鋼橋製作も可能になります。

 JFEエンジニアリングおよびJ&Mスチールソリューションズは今後も、インフラ整備が活発化するミャンマー国において、同国の発展に貢献してまいります。


■J&Mスチールソリューションズ会社概要



■工場設備拡張の概要




以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953