menu
ニュース

2015年

フィリピンで下水処理施設を受注

2015年2月9日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)は、このたびフィリピン国マニラッド水道サービス会社からマニラ首都圏パリャニャーケ市の下水処理施設の設計建設および試運転を受注しましたので、お知らせします。2016年7月に施設を完成し、実証運転を経て2018年10月に引渡しする予定です※1

 現在マニラ首都圏の上下水道事業は、1997年の民営化により、マニラッド社が西側の全域で施設を建設・保有し、運営を行っています。同地区は、急速な都市化に伴い下水道や下水処理施設の整備が急がれており、同社は急ピッチで整備を進めています。

 今回建設される施設は、標準活性汚泥法により日量76,000㎥/日の下水処理を行う施設で、マニラッド社として最大の下水処理施設になります。建設資金は、JICAのセクターローンが活用されます。

 当社は、マニラ首都圏において下水処理施設の実績を有する唯一の日本企業で、既に28箇所の下水処理施設の受注実績を有しております※2。こうした実績に加え、限られたスペースでのプラント配置や現地の下水の性質に最適なデザインビルド提案を行った結果、高い評価を受け今回の受注に至りました。
 当社は今回のプロジェクトにおいて、設計からプロジェクトマネジメントまでを現地で一貫して行います。

 当社は今後も、フィリピン国や他の東南アジア諸国において、エンジニアリングの現地化により、上下水道施設などの環境インフラ整備に貢献してまいります。


※1:施設完成後、2016年10月~2017年10月の実証運転、2016年7月~2018年10月の瑕疵担保期間を経て引渡しとなる。

※2:至近ではマニラッド社より2013年5月14日に受注したタラヤン下水処理施設の他、2014年7月24日受注の浄化槽汚泥(し尿)処理を行う南部汚泥処理施設に続いての受注案件となる。


■受注概要



■完成予想図


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953