menu
ニュース

2014年

静岡市に太陽光発電所「三保ソーラーパワー」が完成
~自社で事業運営する8箇所の発電所が全て稼動

2014年10月8日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)は、このたび、静岡県静岡市に自ら発電事業を行う大規模太陽光発電所(メガソーラー)「三保ソーラーパワー」を完成し、10月8日に竣工式を執り行いましたので、お知らせします。

 このたび稼動した三保ソーラーパワーは、当社の100%出資で設立されたJFEソーラーパワー清水株式会社(所在地:静岡県静岡市、社長:鈴木寿行)」が、当社の清水製作所跡地に建設した10MWのメガソーラーです。
 これは静岡市で最大のメガソーラーで、10月1日より稼動し発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)により中部電力株式会社に売電されます。

 当社は今回の事業化にあたり、静岡市の進める再生可能エネルギー政策のもと、行政の御協力を得ながら計画を進めてきました。
 発電所は、清水港みなと色彩計画推進協議会の御指導のもと、景観に配慮した配色になっています。また、敷地の一部は市の「無償借地公園制度」の活用により、今後整備され、地域の皆様に親しまれる公園として開放予定です。

 当社は、JFEグループの遊休地などを活用し、昨年7月の「雲出ソーラーパワー(三重県津市)」を皮切りにメガソーラーによる発電事業化を進めてきました。このたびの「三保ソーラーパワー」の完成により、8箇所全ての発電所(トータルで約40MW、年間想定発電量約3,900万kWh)が稼動しました。
 また、当社ならびに当社グループ会社のJFEテクノス(所在地:神奈川県横浜市、社長:四方淳夫)は、全国で投資が活発化する中、発電事業者にエンジニアリング提案を進め、全国で70箇所約300MWのメガソーラーを手掛けています。

 当社グループは、今後も多様化する電力確保のニーズに対し、太陽光、地熱やバイオマスを活用した発電プラントの技術・ノウハウを提供し、再生可能エネルギーの普及に取り組んでまいります。


■JFEソーラーパワー清水の事業の概要



■三保ソーラーパワー全景



■竣工式典の様子


▲竣工式に出席した  田辺信宏 静岡市長(中央)、静岡県清水港管理局 原隆一 局長(左から3人目)、
望月厚司 静岡市議会議員(右から3人目)、塚間自治会 立川末好 会長(左から2人目)、
中部電力清水営業所 吉田裕行 所長(右から2人目)、日本電設工業 江川健太郎 代表取締役社長(左端)、
当社半澤巌 取締役専務執行役員(右端)

■JFEエンジニアリング株式会社のメガソーラーによる発電事業(100%出資)


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953