menu
ニュース

2014年

横浜本社リモートサービスセンターで遠隔支援を開始
~新システム「JFEハイパーリモート」で最適操業をサポート

2014年9月10日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:狩野久宣、本社:東京都千代田区)はこのたび、横浜本社内に「リモートサービスセンター」を新設し、当社が建設・運転している都市環境プラントについて遠隔操作による最適操業支援サービスを開始しましたので、お知らせします。

 当センターには、現地の制御室と同様の機能を実現した新システム「JFEハイパーリモート」が導入されています。これは、全国のプラントの運転、発電などの状況を24時間体制で集中管理できるシステムです※1
 これにより各プラントの運転状況を一括把握し、本社技術員がリアルタイムでプロフェッショナルサービスを提供することができます。
 また、当社が設立したアーバンエナジー株式会社(社長:小賀坂善久、本社:横浜市鶴見区)などの電力小売業者(PPS)と連携し、電力需要に応じた有利な売電サービスを提供することが可能になります。

 当社は現在、全国10数箇所において長期一括委託方式により都市環境プラントの運営を行っています。すでに新田清掃センター(新潟県)とクリーンプラザふじみ(東京都)に対して遠隔支援サービスを開始しており、今後順次全国の施設に拡げてまいります。

 また、都市環境プラントに留まらず、当社が運営するバイオマス発電所や下水処理場、太陽光発電所などとのネットワーク化を進め、操業・保守管理と電力供給事業の運営管理サービスを強化してまいります。


※1 これまで当社は、横浜本社から全国の施設に対し、定期監視や緊急時など、スポットタイムのリモート接続によりメンテナンス指示などを行ってきた。


最適操業支援システム JFEハイパーリモートのご紹介(PDF)


■横浜本社リモートサービスセンター



■JFEハイパーリモート(システム概要)


以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部 広報室 TEL.045-505-8953