menu
ニュース

2014年

第1号スマートアグリプラント始動
~8月8日苫小牧で竣工式を開催~

2014年8月11日
JFEエンジニアリング株式会社
Jファーム苫小牧株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)とグループ会社のJファーム苫小牧株式会社(本社:北海道苫小牧市、社長:木村康一)※1は、このたび北海道苫小牧市にスマートアグリプラント※2を完成し、農産物の生産事業を開始しました。今後8月第4週よりベビーリーフの出荷を開始し、10月からはトマトを出荷する予定です。

 なお、8月8日に、プラント完成に伴い、町村信孝衆議院議員、高橋はるみ北海道知事、岩倉博文苫小牧市長をはじめ約150名の御来賓ならびに関係者をお招きし、現地にて竣工式典を執り行いましたので合わせてお知らせいたします。

 今回完成したプラントは、スマートアグリ事業の第一号となるプラントで、天然ガスをエネルギー源とするガスエンジン・トリジェネレーションシステム(電気・熱・CO2の併給)に、提携先のオランダPriva社の高度栽培制御システムを組み合わせて、栽培に最適な環境を創出する先進的なものです。
 加えて、本年12月には、このプラントの敷地内にバイオマスボイラ設備を設置し、木質チップを燃料として熱・CO2を供給することで、天然ガスが供給されていない地域でも稼動できるスマートアグリプラントのモデル実証を開始する予定です。

 また、JFEエンジニアリングは今後、研究中のトマトの高糖度化※3やベビーリーフの収穫量向上に関する栽培ノウハウを得て、早期に本プラントへの適用を目指してまいります。

※1:(株)アド・ワン・ファーム(本社:札幌市中央区、社長:宮本有也)とJFEエンジニアリングが共同出資して設立した会社(出資比率51:49)
※2:平成25年度 農林水産省 強い農業づくり交付金による一部補助あり
※3:JFEエンジニアリング横浜本社内の試験温室にて高糖度トマトの栽培技術を開発中





▲式典に出席した高橋はるみ 北海道知事(中央) 岩倉博文 苫小牧市長(中央右)
町村信孝 衆議院議員(中央左) JFEエンジニアリング 狩野久宣 代表取締役社長(右)
Jファーム苫小牧 木村康一 代表取締役社長(左)


▲施設外観


▲施設内部

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部 広報室 TEL.045-505-8953