menu
ニュース

2014年

国内初! 防爆タブレット(LANEX-Tablet)を開発
~iPad mini搭載モデルの販売開始~

2014年8月6日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野久宣)は、このたび、株式会社宮木電機製作所(本社:京都府亀岡市、社長:河原耕嗣)と共同で、爆発性ガス雰囲気の危険場所(以下、防爆エリア)で使用可能な防爆タブレット「LANEX-Tabletシリーズ」を国内で初めて開発し、商品化しましたので、お知らせします。

 当社は、2009年より防爆仕様の無線LANおよび携帯端末やIPカメラなどの関連機器を販売してきました。これまでに無線LANは空港施設や石油会社、ガス会社などの事業所に採用されており、関連機器の販売累計台数は1000台を超えています。
 昨今、防爆エリアの無線LANの導入が拡大する中、多くのお客様から、携帯電話に加えて防爆仕様のタブレット端末の要望が寄せられていました。

 こうした中、当社はiPad※1 miniを搭載したモデル「LANEX-Tablet/m」を開発し、国内第一号となる防爆認定※2を取得して8月6日より販売を開始します。
 この製品は、キャリングケースを含め約900gのコンパクトボディとなっており、他の防爆タブレット(欧米仕様)に比べ約1/3の軽量化を図っています。また画面操作性や電波通信性能は、一般の非防爆タイプのタブレットと同等の性能を維持しています。

 当社は引き続き、iPad※1AirやiPhone※1を搭載した防爆製品の開発を進める予定です。従来の防爆無線LAN関連商品のラインナップに、新たに「LANEX-Tabletシリーズ」を加え、今後も防爆エリアの事業所を有する電力、ガス、石油、化学、薬品、食品、家電など様々な分野のお客様にエンジニアリングサービスを提供してまいります。


※1:米国およびその他の国々で登録されたApple,Inc.の商標または登録商標
※2:公益社団法人 産業安全技術協会(Technology Institution of Industrial Safety)により認定


LANEX-Tablet/m (写真)


LANEX-Tablet/m 本体


キャリングケースに収納

以上

本件、リリースに関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部 広報室 TEL.045-505-8953

本件、製品に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
同 エネルギープラント事業部 営業部 TEL.045-505-7382